マヌルネコに会える動物園~神戸どうぶつ王国編

マヌルネコが飼育されている動物園を写真満載で紹介するシリーズの神戸どうぶつ王国編です。

那須どうぶつ王国と同じ系列の動物園で、空港や新幹線の駅から近く、とてもアクセスが良い立地にあります。敷地自体はそれほど広くはないのですが、その中にいろいろな動物がいます。

そんな神戸どうぶつ王国に、2020年3月に那須どうぶつ王国からマヌルネコの兄弟2頭がお引越ししてきました。2019年4月に生まれたコマヌル2頭です。

※まだ神戸どうぶつ王国へは行けてませんので、那須どうぶつ王国にいたときの写真でご紹介します

神戸どうぶつ王国(兵庫県)

前身となる神戸花鳥園は2006年にオープンしました。その後、民事再生法適用などがあり、2014年7月に神戸どうぶつ王国としてリニューアルされました。

まだ歴史は浅いですが、ポートアイランドにあり、空港からは非常に近く、新幹線駅からも30分かからない立地と、大変アクセスが良い場所にあります。今後人気が出てくこと間違いなしですね。

概要

  • 場所:兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
  • 営業時間:平日10時ー17時、土日祝10時ー17時半(冬季は閉園時間が30分早まる、入園は閉園30分前まで)
  • 休園日:木曜日(営業の場合あり)
  • 入園料:中学生以上1800円、小学生1000円、幼児(4歳、5歳)300円、シルバー(65歳以上)1300円
    ※年間パスポートは6000円
    asoviewから予約すると、事前にお得にチケット購入できます
  • アクセス:ポートライナー 京コンピューター前(神戸どうぶつ王国前)駅すぐ、各道路 ポートアイランド神戸空港方面へ
  • 駐車場:普通車500円
MEMO

神戸にはマヌルネコが見れる動物園がもうひとつあります。王子動物園です。

マヌルネコに会える動物園~神戸市立王子動物園編

神戸どうぶつ王国と王子動物園間は電車で40分弱くらいで行けるのです。(京コンピュータ前→三宮・神戸三宮→王子公園)
神戸空港から神戸どうぶつ王国へ行って、その後に王子動物園へハシゴマヌルをすることもできるわけです!なんて素晴らしい立地なんだ、神戸。素敵。

マヌルネコの歴史

2020年3月に那須どうぶつ王国より2頭のマヌルネコがやってきました。

那須どうぶつ王国で2019年4月に生まれた、ボルとポリーの子供です。オスのエルくんとメスのアズちゃんです。4月に生まれたのは8頭でしたが、1頭は死産、5頭は感染症により亡くなってしまったそうです。生まれた当初はポリーにまかせていたそうですが、ポリー自身の体調も悪くなったこともあり、人工哺育で育てられました。

那須どうぶつ王国では2019年7月より公開され、すくすくと育っていきました。そして、2020年3月に神戸どうぶつ王国へやってきたのです。

マヌルネコのいるところ

アジアの森にマヌルネコはいます。南エントランスからは近いですが、ポートライナーから近い北エントランスからは結構遠いですね。

神戸どうぶつ王国のマヌルネコ

2020年3月20日より2頭のマヌルネコ、エル・アズを見ることができます。

※写真は那須どうぶつ王国時代のものです

エルくん

ボル父さん似のイケマヌルに成長したエルくん。幼い頃が懐かしいですね。

すでに貫禄ある存在感。

立ち姿がすでに美しく、お父さんに似ています。

このつぶらな瞳は反則ですよね。

寝姿はコマヌルそのもの。

肉球スタンプいただきました。

クリームパンみたいなお手々。

そんなエルくんもすっかり成長しました。

骨付き肉をがしっと踏みながらこちらを見ています。

あくび顔がかわいいね。

もうーイケマヌルすぎて困っちゃいます。

座るときにしっぽ踏んじゃうの、かわいい。

アズちゃん

昔はやんちゃなおてんば娘感がありましたアズちゃん。エルくんにいつも喧嘩をしかけていました。

のびーっとするアズちゃん。

ポートレートアズ。

なんてかわいいお顔なの。

そんな格好でこちらを見ないで。

そんなアズちゃんもすっかり大人の女性になりました。

つぶらな瞳は変わりませんね。

ご飯食べて遊び疲れて眠りました。

シャッターチャンスをくれる。

なんだか伸びています。

こんな目線もおくれるようになりました。

帰る直前のアズちゃんでした。

動画

マヌルネコを見れる日本の動物園一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です