vernee Apolloを購入&レビュー

スマホ、タブレット等ガジェット好きな私。

常に新しい機種が欲しいなぁと思いながら生活しています(笑)今回は一度は買ってみたいと思っていた中華スマホを購入してみました。

中華といえばXiaomiが有名ですよね。他にもOUKITELやらUmiやらありますが、今回購入したのはverneeというメーカーの5.5インチスマホです。

※ガラスフィルムとカバーを購入しました

vernee Apolloのカバーとガラスフィルム到着
先日購入したことをお伝えしましたvernee Apolloのガラスフィルムとカバー。今回は「7 – 25 business days」で到着すると言われるFlat Rate Shippingを利用してみました...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

vernee Apolloとは

verneeは設立が2016年という本当にできたばかりの企業です。現在、Apollo、Apollo Lite、Mars、Thorの4製品発売しています。その中でもApolloは現状の最上位機となります。

最上位機種ということでスペックはなかなかです。

  • OS:Android 6.0 Marshmallow
  • CPU:MediaTek Helio X25
  • RAM:4GB
  • ディスプレイ:5.5インチ
  • 解像度:2560×1440
  • ストレージ:64GB
  • アウトカメラ:2100万画素(Sony IMX230)
  • インカメラ:800万画素(Sony IMX219)
  • バッテリー:3180mAh
  • サイズ:152mm×75.6mm×9.3mm
  • 重量:188g

Helio X25というと世界初の10コアCPU。ディスプレイも2Kディスプレイ。カメラはソニーのセンサー。メモリは4GB。無駄にハイスペックな言葉が並びます。いったいスマホでどう使うんだろうかと。

それを買った私も私ですが。

ちなみに、こいつにはVR Boxがついてきます。いわゆるスマホを装着できるVRグラスですね。VR体験ができてしまいますよ。

vernee Apollo付属のVRグラスを使ってみる
年末にvernee Apolloを購入しました。年末年始は風邪で寝込んでいたこともあり、いまのところはあまり使えてはいないです。そんなvernee Apolloですが、VRグラスが付属...

注文

購入したのはEverbuyingというサイト。中華系ガジェットのショップとしては有名ですね。Paypalで決済もできるので安心です。

私が購入した時はPreSale段階でした。また$50オフのキャンペーンもあったため、$249での購入でした。現在は$317となっているようですね。

注文したのが12月6日。PreSale状態だったので発送までは時間がかかったもよう。

発送連絡が12月17日にきました。今回は有料のExpedited Shippingを選んだので到着したのが12月27日でした。DHLで届きました。

開梱

DHLの袋って開けにくいですよね。簡単に盗まれないということか。

真っ黒な箱がかっこいいですね。vernee Apolloのロゴがいいですね。

ふたを開けるとApolloがででんと居座っています。

内容物は本体、充電器、USB Type-Cケーブル、取説、Simトレイ取り出しピン、VR Box。本体はVR Boxに収まっています。

早速本体をだしてみましょう。

裏面には各場所の説明が書かれているシールが貼られています。

画面の保護シールをはがすと、保護フィルムが貼ってあります。まだ、保護フィルム関係は販売していないようなので助かりますね。

全面メタルボディかっこよいですな。

それでは各インターフェースを見ていきましょうか。

下側に充電用USB Type-Cポートがあります。そして、スピーカー。

右側面にはSIMトレイ。こちらはデュアルSIM仕様です。ただし、上側はMicro SDカードとの排他仕様。

左側面にはボリューム、電源があります。

上側にはイヤホンジャック。

裏側にはカメラと指紋認証センサーがあります。

起動

ひとまず電源ONしてみましょう。シンプルなverneeロゴのみ。

てっきりセットアップ画面がでてくるかと思ったらロック画面がでてきた。

スワイプでロック解除。ホーム画面はかなりシンプルです。

インストールされているアプリはほぼ素に近い状態。Playストアもはいっていますね。VR Boxがついているだけあって、最初からVR動画再生アプリがはいっています。

まずは言語を日本語に変えましょうか。言語変更から一発で変更できます。

ちなみにストレージ64GBですが、余計なアプリがはいっていないのでかなり空きがありますね。

ベンチマーク

一度やってみたかったんですよね。Antutu BenchmarkとGeekBench 4でベンチマーク測定してみようと思います。

まずはAntutu Benchmark結果。9万点台ということでなかなかのハイスコアな模様。HuaweiのP9とかHonor8と同じくらいですね。

続いてGeekBench4。シングルコアで1700点台、マルチコアで4300点台ということで大体Galaxy S7の下くらいのようです。

まとめ

とりあえずボーナスもでたし、ということで勢いで買ってみましたが、いざ買ってみると何に使おう状態です。2Kディスプレイに10コアCPUってどう使い切ろうか。

しかし、このスペックで3万切っていると思うとかなりコスパ高いですな。

いろんな暇つぶしに使ってみようと思います。

また、いろいろと試してみようと思いますので、ネタがあったら記事にしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です