こども動物自然公園のマヌルネコ グルーシャが北海道へお引越し

2017年4月に、埼玉のこども動物自然公園で誕生したマヌルネコ5兄弟。順調に育っています。

2018年2月にはイーリスが神戸王子動物園へとお引越ししていきました。

そして、今度はグルーシャが北海道へとお引越しすることになりました。行き先はあの旭山動物園です。

旅立ちは寂しいですが、マヌルネコを見ることができる動物園が増えるということで楽しみです!北海道へ行く口実もできますね。

マヌルネコ グルーシャ

今回引っ越しが決まったのは5兄弟のうちの1匹であるグルーシャです。

DSCF0297

私がこども動物自然公園に行ったときはおとなしく過ごしていました。窓拭きや爪とぎに余念がないロータスとは正反対な感じでしたね。

DSCF3260

黄色目が美しく、THE マヌルネコといった感じの風貌です。

DSCF3319

常に全力で目を見開いているような・・・。振り向きマヌルはかわいいですね~。

DSCF3271

お別れ会

2018年7月14日、灼熱の中でお別れ会が行われたようです。Twitterにはお別れ会に参加した方々のツイートで溢れています。

旭山動物園とは

グルーシャのお引越し先である旭山動物園といえば、北海道で最も有名な、いや、日本で有数と言っても過言ではない動物園です。

動物の自然な姿を展示する行動展示でかなり有名になりました。実に2つの映画の題材にもなっている動物園です。

みなさんに一番なじみがあるというと、やはりアザラシの展示ですかね。あの円柱の中をアザラシが泳いでくやつです。

それ以外にもオオカミやシカの展示も独特です。その他、地元の動物に特化したゾーンもあり、他の動物園以上に楽しめる動物園です。

展示場所(追記)

2018年7月20日に旭山動物園のブログが更新され、無事にグルーシャが到着したことが報告されました。新しい獣舎にたたずむグルーシャの様子ものっています。

本文の内容を見ますと、ひとまずは体調に問題はなさそうですね。落ち着いた様子で食事もとっており、排泄も問題無しとのことです。

そして、今回のお引越しの目的についても触れられておりました。やはり飼育園館を増やして分散飼育をするというのが目的のようです。これで北海道のみなさんにもマヌルネコのかわいさが伝わりますね。

展示場所は小獣舎の依然ウンピョウがいた場所とのことです。おそらくレッサーパンダの隣にある獣舎で、アライグマ、アフリカタテガミミャマアラシの隣かと。埼玉でもカナダヤマアラシの隣だったので大丈夫ですね!

まとめ

グルーシャが北海道へ行ってしまうのはとても残念です。とはいえ、私は直前に見に行くことができてよかった。

旭山動物園は決して広くはないし、展示されている動物も多くはありませんが、とても魅力的な動物園です。そこで、北海道初のマヌルネコ展示となるのはとても意義があることですね。

旭山動物園に行けば、さらにマヌルネコの認知度はあがるはずです!グルーシャは北海道でマヌルネコを広めるというかなり重大な任務を負うことになります。

旭山動物園でも人気者になれよ、グルーシャ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です