広角レンズ沼!フォクトレンダー21mm F3.5とTTartisan 11mm F2.8購入

ソニーEマウント向けの広角レンズを勢い余って2本購入しました。性格の違うレンズなのでどちらも面白いレンズです。

フォクトレンダー21mm F3.5とTTArtisan 11mm f/2.8

今回このレンズを購入したのは5月の頭です。

Pergearの日本向けサイトのGWセールで20%OFFで購入できそうでしたので、GWのウキウキ気分で勢いでポチりました。その後、中国からの配送だったので到着まで時間がかかり、すっかり注文したことを忘れていました。

そして、GWに実施していたマップカメラの中古夜市で前々から欲しいと思っていたフォクトレンダーの21mmが49800円だったのでこちらもポチり。

こうして2本は私の手元にやってきたのでありました。

COSINA フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

COSINAのフォクトレンダーといえば、ライカを模したようなレンズで非常に光学性能が高いことで有名ですね。ライカMマウント、ソニーEマウントを中心に発売しております。

そのラインナップでもあまり人気がないのがこの21mm F3.5ですね。価格.comの売れ筋ランキングでも順位すらついていません笑

ライバルになるであろう、Carl ZeissのLoxia 21mm F2.8もあまり人気ないですね。そういうレンジのレンズなのかもしれません。

外観

COSINAの箱はかっこいいですね。

キャップのVoigtlanderという文字がかっこいいです。

外装は金属感があり、非常にコンパクトなのですが重量もずしっとして高級感があります。

絞りリングは若干固めで段階的な操作となります。ピントリングのトルクは程よい重さです。見た目がかっこいい。

フィルター径は52mmと非常に小さいです。コンパクトで使いやすいレンズですね。

銘匠光学 TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

こちらもライカレンズを模したラインナップをしている中国のTTartisanというブランドのレンズです。安価ながら見た目もかっこよく光学性能もなかなかのレンズをそろえております。

本レンズは11mmでフィッシュアイということもあり、THE DOGとかTHE CATみたいな写真を撮れるということです。11mmってどんな世界なんだろうという感じですね。

こちらのレンズはZやRFも含め、各マウントをそろえております。

外観

TTartisanの箱も高級感はないですが、シンプルでいい感じです。

TTartisanロゴはお世辞にもかっこいいとはいえません・・・。

ライカっぽいデザインです。

金属製で重量感があり、フォクトレンダー同様高級感ありますね。

フィッシュアイなのでもちろん出目金レンズです。わかりづらいですが。。。

撮影しに行こう

広角で撮影するなら、と思い名古屋港へ行ってきました。港です。

フォクトレンダー21mm F3.5

やはり21mmは広いです。今まで体験したことない画角にわくわくしています。記録フォトですみません。

周辺減光は結構ありますね。

こちらは名古屋ポートタワーです。

名古屋港には観覧車もあります。止まっていました。

名古屋港にはみなと猫もいらっしゃいました。

ピントがあえばバッキバキに解像しますね。猫様も美しく映ります。

TTartisan 11mm F2.8

フィッシュアイ難しい。

花もいれながらポートタワー撮ってみました。うーん。

とはいえ、ピントが合っているところの解像感は十分ですね。

使い方次第ではいい絵が撮れそうな気もします。

画角の違い

同じ位置からレンズを変えて撮影してみました。

さすがに10mmの差は大きいですね。11mmでは名古屋港水族館も映っています。

まずはフォクトレンダー 21mm F3.5。

続いて、TTartisan 11mm F2.8。

その他作例

大須観音、名古屋駅、栄駅にも行ってきましたのでいろいろ撮ってきました。

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye

フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

フォクトレンダー COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

まとめ

どちらも価格以上の価値があるレンズと思いました。

ただ、やはりフィッシュアイは難しい。平面的なものにはあまり効果はなく、やはり立体的建造物で使うといい絵が撮れるように思いました。でも難しい。

そして、フォクトレンダーは素晴らしい。

F3.5と決して明るくはないですが、広角なら基本F4以上に絞るのでそこまで不便はしないです。

光芒も美しく、ピントがあったときの絵は素晴らしいです。最近はお気に入りでこればっかりつけています。

いずれにしろどちらのレンズも買って後悔しないレンズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です