1年でダメになったIKEAのフライパンの代わりを探す

昨年の引っ越しを機にIKEAでフライパンを購入しましたが、1年程度焦げ付くようになってしまいました。

そのため、新しいフライパンを探した情報のまとめです。

1年でダメになったIKEAのフライパン

私が買ったのはOUMBÄRLIG オウムベルリグというシリーズの28cmのフライパン。1500円くらいでした。

お手入れやフッ素加工には敵の強火もガンガンに使っていたのでしょうがないといえばしょうがない。

というか、1500円ですから。適当に使って1年持てば十分でしょう。

長く使える良いフライパンを探す

さて、1年前に引っ越して生活習慣もだんだん馴染んできたことによりわかったのは、料理をする機会が多くなったこと。

昨今のテレワークもあり、家で料理をすることが多くなりました。ということは、料理に使う道具は良いものを使いたい。フライパンも良質で長く使えるものが欲しいと思いました。

いろいろと探してみました。

定番のティファール

安直な私は、定番のティファールをまずは思い浮かべました。

しかし、ティファールはいわゆる「長く使える良いもの」という感じではなく、便利でそこそこの値段のメーカーだったのでした。取っ手がとれるフライパンセットは便利と思いましたが、今の私には不要です。

ル・クルーゼのフライパン

調べているうちに見つけたのが、ホーロー鍋でおなじみのル・クルーゼのフライパン。

熱伝導率が高い硬化アルマイトという素材を使っているそうで、火が均一に通るそうです。つまり焼きムラが少ない。そして、保温性も高い。

テフロン加工のような焦げ付かない加工としてノンスティック加工というものを内側、外側に3層しているそうです。強そう。

食洗機にも対応しているとのことで、これは良さそうなんじゃないか!と思ってきました。

道具といえばドイツ製

勝手な思い込みですが、道具といえばなんでもドイツ製が一番なイメージがあります。

車しかりカメラしかり・・・。これは料理道具にも当てはまるのではないかと思い調べてみました。

そして、でてきたのがturkの鉄製フライパン。いかにも重厚な見た目で料理がおいしくなりそう。

しかし、鉄製フライパンはやはり手入れが面倒です。私、過去に使ってみましたが途中で断念しました。

鉄製以外にもあります。ドイツ製ということで中華製よりは信頼できそう。

我が地元のバーミキュラのフライパン

ホーロー鍋で一気に全国区となったバーミキュラのフライパンです。

我が地元の愛知トビーが送るフライパンです。それだけで応援したくなります。鋳鉄とホーローでできているフライパンは一瞬で水分が蒸発するそうです。

つまり、野菜炒めとかででてくる味を薄くする水分を一気に蒸発するため、味がしっかりついた炒めものができるということ。え、これすごくない?

私が買うのはこのフライパン!!

決めました、私バーミキュラのフライパンを買います!!

と思ったら今すぐにでも欲しくなって栄の松坂屋に行ってみたところ・・・

なんと、次回入荷が12月上旬だと!!

ちなみに、バーミキュラのオンラインショップでも納期が11月末となっていました。

とりあえず安いフライパンを買って12月まで待つことにします。

[追記] 先日松坂屋に予約しに行ったら、次回入荷は21年1月になっていました・・・楽天ポイント使いたいので松坂屋で予約して待つことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です