マヌルネコに会える動物園~那須どうぶつ王国編

マヌルネコが飼育されている動物園を写真満載で紹介するシリーズの那須どうぶつ王国編です。

那須というと都心からも近いながら那須高原を始めとした自然あふれる避暑地ですね。そこに佇むのが那須どうぶつ王国です。

那須どうぶつ王国は犬、猫を始めとし小型の動物を多くしているテーマパーク型の動物園で、マヌルネコにも広めの獣舎が準備されています。

今回はそんな那須にいるマヌルネコをご紹介します。

那須どうぶつ王国(栃木県)

開国(王国なので)したのは1998年ととても新しいです。運営が民間ということもあり、何度か親会社が変わっているそうですが、最近は姉妹国の神戸どうぶつ王国とともに人気がでてきているところですね。

王国は、マヌルネコがいる王国タウンと少し離れた牧場地帯の王国ファームに分かれており、キャットショーやバードショー、シープドッグショー等のイベントもたくさんやっています。また、カピバラを間近に見ながら入れる温泉があったりと、公設の動物園ではなかなか味わえないものが多々あります。

概要

  • 場所:栃木県那須郡那須町大字大島1042-1
  • 開国時間:平日10時ー16時半、休日・GW・夏休み8時または9時ー17時(冬季は10時ー16時、入国は閉国30分前まで)
  • 休国日:水曜日(営業の場合あり)
  • 入国料:中学生以上2400円、小学生以下1000円(冬季は中学生以上1200円、小学生以下700円)
    ※年間パスポートは8000円
    asoviewから予約すると、事前にお得にチケット購入できます
  • アクセス:東北自動車道 那須ICから約30分、白河ICから約20分、那須高原SA(スマートIC)から約15分、事前予約制の無料シャトルバス有り(那須塩原駅、那須ガーデンアウトレット、道の駅 那須高原友愛の森などから乗車可能)
  • 駐車場:普通車700円、バイク300円(冬季は無料)

マヌルネコの歴史

那須どうぶつ王国の歴史はほぼ調べられませんでした・・・。

おそらくボルくんが那須の初代マヌルさんではないかと思います。2014年に埼玉のこども動物自然公園で産まれた四つ子のうちの1頭ですね。

那須にいるもう1頭がメスのポリーさんです。ポリーさんは2016年にスウェーデンからやってきました。舶来マヌルさんですね。

那須どうぶつ王国はこれからマヌルさんの歴史を作っていくところですね。

MEMO

2022年7月10日:神戸どうぶつ王国からレフくんがお引越ししてくることになりました

MEMO

2019年4月22日に那須どうぶつ王国でマヌルネコの赤ちゃんが生まれました。もちろんボルとポリーの子供です。8頭生まれましたが、1頭は死産、5頭は感染症により亡くなってしまったそうです。生まれた当初はポリーにまかせていたそうですが、ポリー自身の体調も悪くなったこともあり、人工哺育に切り替える決断をしたとのことです。しかし、マヌルネコの人工哺育は大変リスクが高いそうです。その中で、2頭をしっかり成長させた那須の飼育員さんは素晴らしいです。ありがとうございます。7月13日より公開されております。

その後、2020年3月に神戸どうぶつ王国へとコマヌルたちは引っ越しとなりました。

マヌルネコのいるところ

那須どうぶつ王国のマヌルネコは、王国タウンのアジアの森にいます。

正面ゲートから入場すると右手に見えてくる王国バザールのすぐ奥が入り口です。

MEMO
2019年7月13日から公開されているコマヌルは、王国バザール内とアジアの森出口の双方向から見ることができます

那須どうぶつ王国のマヌルネコ

2020年3月現在、オスのボルくんとメスのポリーさんの2頭のマヌルネコがいます。

MEMO
  • 2022年7月25日:神戸どうぶつ王国からレフくんが引っ越してきました
  • 2020年2月24日:コマヌルのエルくん、アズちゃんの公開が終了となりました。このあと、神戸どうぶつ王国へ引っ越しとなります。
  • 2019年4月22日:ボルくんとポリーさんの間に子供が生まれました(8頭中6頭は亡くなり、2頭が公開中です)

ボルくん

2014年に埼玉のこども動物自然公園で産まれたボルくん。

那須どうぶつ王国にやってきてもきりっとした顔立ちを崩さず、イケマヌルっぷりを発揮しております。

目つきが鋭すぎてみなさんメロメロですね。

でも寝顔はかわいいんですよ。

正面からも撮っちゃおうかな。

舌をぺろっとする姿も可愛いですね。

馬肉タイム中のボルくん。物欲しそうな顔。

ひょこっと顔を見せるボルくん。

新しい展示場に引っ越してもボルさんのイケマヌルっぷりは衰えません。

光がさしてまぶしそうなボルさんです。

ここが定位置らしい。

やはり、ボル氏はイケマヌルです。

動画

ポリーさん

2016年に遥か遠くのスウェーデンから那須へやってきたポリーさん。

もうかわいいのなんのって。アイドルみたい。

まだ子供でやんちゃなものだから、いつもボルくんを狙っています。

バレないように後ろから近づいて・・・。

とはいえ、普段は一番高い枝の上で寝ています。

時々、上から様子確認ですね。

こんなセクシーな姿も見せてくれました。

振り向きポリーさん。

いつも眼差しは一直線です。

こんなシャッターチャンスも作ってくれます。

おねえさんにシャーするポリーさん。

新しい展示場になっても上のほうが好きなポリーさん。

木の枝に器用にのっています。

レフくん

2022年7月に神戸どうぶつ王国からお引越ししてきたレフくん。東山動物園の写真ばかりとなります。

2014年5月15日にロシアのノボシビルスク動物園で生まれました。そして、2016年6月27日に埼玉こども動物自然公園へやってきました。日本、欧州のマヌルたちとの血縁が少ないということから、繁殖面で多く期待されています。

レフくんは王者の貫禄みたいなものを感じます。目線も鋭いですね。

もちろんかわいい顔も見せてくれます。いや、ほとんどがかわいいですね。

猫っぽい姿もしますよ。

寝ちゃったりしますし。いや、薄目開けているな。

レフくんといえば、振り向きレフくんです。勝手に私がジャンル決めしているだけですが。

裏レフくんもいいですね。

まんまるお目々でかわいいですね。

お手々がかわいいです。

ゴジラのように吠えています。

フレーメンなレフくんです。

前ボケも美しいです。見上げるレフくん。

しかし、やはりレフくんはこの貫禄ですね。

動画

マヌルネコを見れる日本の動物園一覧

4 Comments

三木 双葉

つい先日、那須どうぶつ王国の子マヌルを観ることができました。
数年前に初めてマヌルネコの存在を知り、すっかりファンになりました。
埼玉こども動物園で会った5匹の仔猫が忘れられず、その後はどうしているんだろう?と、思っていました。このブログを読ませていだたき、よく調べてるいらっしゃることに感激!ありがとうございます。

因みに我が家には、溺愛している茶トラ「ころすけ」7歳がいます。

返信する
れともめ

三木様
コメントありがとうございます。
まとめた情報が少しでもお役に立ててうれしいです。埼玉のコマヌルたちも、今では立派に日本全国でマヌルネコのかわいさを広めていますね。
那須のコマヌルたちもいずれはどこかへ旅立つのかな、と思って見ていますが、やはりかわいいですね。

しかし、茶トラのころすけですか!うちは黒猫のころすけなのでころすけ仲間ですね。なんだか勝手に親近感わかせていただきました(笑)

返信する
三木双葉

返信ありがとうございます。
茶トラのころすけは、身体は大きく、心はお豆腐(^○^)今晩は、地元の花火大会の音にビビってずっとベッドの下に潜っていました。

返信する
れともめ

あらー、花火の音も苦手なんですね。それはそれでかわいいでしが。うちのころすけは体も小さいのですが、心はさらに小さく、少しでも物音がしようものならすぐにテレビの裏やソファの下、クローゼットなどに隠れてしまいます・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。