LTE対応の小型スマートフォンがKickstarterにて出資者募集中

世の中のスマートフォンは年々大型化の一途を辿っています。

かつては大画面だった5インチが今では小型に分類される世の中。しかし、世の中は小型スマートフォンを求めているはず。

そんな私も小型スマホ好きです。理想は最新スペックのXperia rayです。

と、そんな中、Kickstarterにて小型スマートフォンが出資者募集しておりましたので紹介します。

Jelly,  The Smallest 4G Smartphone

その名もJelly。最も小さい4G対応スマートフォンとのことです。

スペック

Jellyには通常版とPro版の2種類あります。違いは通常版がRAM 1GB/ROM 8GB、Pro版がRAM 2GB/ROM16GBとのことです。

サイズは厚さ=13.3mm、縦=92.3mm、幅=43mm、重さ=60.4gということでかなりの小型サイズですね。画面サイズは2.45インチ。ワクワクしますね、この小ささ。

その他のスペックは共通で、以下の通り。

デュアルSIM対応

デュアルSIM対応ですが、4G+2GのDSDSの対応のみ。2Gネットワークがない場所では都度使用するSIMを選択する必要があるとのことです。

Micro SDカード

Micro SDスロットとSIMスロットは排他仕様ではないため2つSIM入れながらMicro SDを使用可能です。対応するMicro SDは32GBから256GBに拡張されました。少ないROMを十分カバーできます。

USB OTG

ただ、USB OTGには非対応。そのため、各種USB機器は使えないです。これは残念。

対応バンド

対応バンドを見る限り、FOMAプラスエリアには非対応なので、ドコモは少々厳しいか。auはもってのほか。SoftBankもなんとか使えるかな、くらいですね。日本で常用するにはちょっと厳しい対応バンド。ただ、今後、対応バンドを変更した欧州版もだす予定があるとのことですので、是非日本版も期待したいですね。もちろん技適は取得予定なしですが。

OS

OSはAndroid7.0 なのでほぼ最新。日本語はどうなんでしょう。Google Play Storeも使えるのでアプリ入れ放題です。

カラーバリエーション

白、水色、黒の3色構成。水色がポップでいいですね。

お値段

現在の出資額は通常版が79ドル、Pro版が95ドル。

なお、クラウドファンディングですので、プロジェクトが頓挫したり出資金が返金されない可能性もあることだけはご承知おきの上、出資してください。

まとめ

このサイズはかなり魅力的です。CoviaのFleazみたいな見た目ですので、是非日本のバンドに対応して販売してほしいものです。

そして、おサイフケータイに対応してくれたら最高ですね。となると、このサイズでは厳しいのかな。にしても、ワクワクする端末ですね。

見た目的には2.4インチのMicro Xのスペック強化版みたいですね。Micro Xが気になりつつも、スペックがちょっと、と思ってた人は飛びつくこと間違いなしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です