アラジン グラファイトトースター購入

2016-05-02 15.36.46-min

私は毎朝パンを食べます。
マーガリンを塗って、トーストして食べております。トースターは一人暮らしを始めるときに買った、よくわからないメーカーの1500円くらいのトースター。特に問題なくパンも焼けますし、普通に使えていました。

しかし、昨今の高級トースターブームが非常に気になり、すぐ新しいものを欲しがってしまう私はアラジンかバルミューダの購入を考えておりました。

そうしたところ、ノジマでアラジンのトースターが1000円オフになるクーポンがあり、ちょうどノジマポイントも9000Pほどあったので、思い切って購入に踏み切りました。

アラジン グラファイトトースター(AET-GS13N)

通常12800円のところを1000円オフクーポンで11800円。さらにポイント9000Pほど使い、3000円弱の出費でゲットしました。

グリル&トースターとグラファイトトースターの違い

私が買ったのは、今年発売した食パン2枚までしか焼けない小さいサイズの方です。最初のモデルのグリル&トースター(AET-G13N)とは違い、グリル用のプレートがついていませんし、大きさも一回り小さいです。

  • グリル&トースター
    サイズ:幅33.4×奥行35×高さ23.5cm
    本体重量:3.8kg
    消費電力:1300W(グラファイトヒーター:650W 石英管:325W×2)
    付属品:アラジングリルパン・グリルネット・コンセプトブック
    温度調節機能:100℃~280℃
  • グラファイトトースター
    サイズ:幅35x奥行29.5x高さ23.5cm
    本体重量:3.1kg
    消費電力:1250W(グラファイトヒーター:670W×1 石英管:570W×1)
    付属品:受け皿(ホーロー)
    温度調節:100~280℃

グラファイトトースターはトースト機能に重点を置いた商品であるといえます。ただ、小さめのプレートを買えば、グリル&トースターのようにいろんな料理に活用はできそうです。一人暮らしには十分な大きさですね。

開封

商品段ボールに直接宛名を貼って送ってきますね。ノジマはこのパターン多いです。想像していたよりも大きめの段ボール。

2016-05-02 15.33.00-min

開けてみます。説明書とアラジンの商品カタログみたいなのが入っています。

2016-05-02 15.33.15-min

それをどかすと、何やらトーストのクイックガイド発見。パンの向きや温度、時間が簡単に説明されています。

2016-05-02 15.33.56-min

そして、ようやく本体登場。ででーん。色がかっこいいですねー。

2016-05-02 15.34.36-min

早速、トースターの位置へ置いてみました。ちょっと大きいため、足がちょっとはみ出る・・・。

2016-05-02 15.36.46-min

温度調節用ノブ。

2016-05-02 15.36.53-min

タイマー設定ノブ。

2016-05-02 15.37.00-min

アラジン!

2016-05-02 15.37.08-min

食パンを焼いてみよう

それでは、食パンを焼いてみましょう。用意したのは近所の大型スーパーのプライベートブランドであろう、5枚切り88円の食パン。いつも買っている食パンです。

温度280℃、タイマー1分半に設定してスタート。おぉっ、すぐ赤くなる!

2016-05-02 15.39.21-min

徐々にガラス面が曇ってきて中が見えなくなります。(これは焼終われば元通りですが)

2016-05-02 15.39.44-min

そして、1分半経過。一瞬ですね。チーン!オープン!

おぉっ、トーストができた!プラシーボでおいしそうに見える。しかし、置き場所をミスッたか、奥の方の焼き加減が物足りない。

2016-05-02 15.41.40-min

表面はこんな感じです。

2016-05-02 15.42.01-min

裏面はしっかり焼跡がついています。

2016-05-02 15.42.07-min

味はどうなの

実食。噂にたがわぬ外はカリっで中はフワっです。外側だけ一気に焼いちゃうので中の水分が逃げないんですよね。バター塗って食べるとたまらないですね。

味はどうかと言われれば、いつもとそれほど変わらないとは思いますが、食感が違う分、満足度が高いです。

また、チーズをのせて焼くと、チーズがピザみたいな焼き色になります。これがとてもおいしそう。味はそれほど変わりませんが。

まとめ

噂通り、高いだけあってしっかりとカリフワなトーストが焼けることが分かりました。きっとバルミューダも同じような感じになるのでしょう。

しかしながら、果たして3000円のトースターとの約9000円の価格差を埋めれるものがあるかと言われれば、それほどでもないとは思います。

トーストを毎日食べる人で、少しでも高い満足感を得たいのであればぜひおすすめします。私は買ってよかったと思っています。これで毎日朝から満足感を得て仕事に行けています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です