【レビュー】Rakuten Miniはおサイフケータイ対応の極小スマホ

携帯キャリアとしての楽天モバイルの無料サポータープログラムの2次募集が始まりました。それと同時に待望の小型スマホ、Rakuten Miniも販売開始しました。1次募集で抽選はずれた人は優先的に契約できるということで、早速1次募集はずれた私はRakuten Miniを購入しに行きました。

Rakuten Miniってこういうスマホ

何でもやらせようとしたら不満がでるけど、ちゃんと役割を持たせれば有能なやつ、というのが使用して1週間の感想です。

Rakuten Miniの良いところは下記の2点に尽きます。

  • 3.6インチ画面、約106.2 x 約53.4 x 約8.6mm、約79gの極小サイズ
  • おサイフケータイ対応

じゃあ、悪いところは・・・って聞かれると、これには回答が困ります。一般的に悪いところはいくらでもあります。

  • 画面が小さい
  • 文字が打ちにくい
  • バッテリーが持たない

言い出したらキリがないのがRakuten Mini。でもそれはあくまでも一般的に悪いところであって、それがあったとしても上にあげた2つの良いところが私には重要です。

メインでは使えないけど、サブとしては優秀なやつです。

Rakuten Mini

2019年10月に楽天モバイルがMNO参入を表明するに当たり発表されたおサイフケータイ対応の極小スマホです。

スペック

ディスプレイ約3.6インチ(TFT液晶)
解像度1280×720
CPUQualcomm Snapdragon 439(2GHz + 1.45GHz)
OSAndroid9
RAM3GB
ROM32GB
カメラアウトカメラ:約1600万画素
インカメラ:約500万画素
バッテリー約1250mAh
サイズ/重量約106.2 x 約53.4 x 約8.6mm/約79g
その他おサイフケータイ対応、防滴IPX2・防塵IP5X、顔認証対応、Wi-Fi(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)

価格

一括払いで19,819円(税別)です。もちろん楽天モバイル専売です。

現在は無料サポータープログラム期間ということもあり、購入者に後日18,000ポイント還元されますので、実質3,000円くらいでしょうか。この機能でこの値段を高いと見るか、安いと見るか・・・適切と見るか。

え!?今なら1円で手に入る!!(~6/17 8:59まで)

なんと今ならRakuten UN-LIMITの申込みで、Rakuten Miniが1円で手に入ります。

Rakuten UN-LIMIT自体も今なら1年無料となりますので、実質回線も端末もほぼ費用かからず手に入ります。とりあえず申し込んでみてはいかがでしょうか!?

場合によっては早期終了する可能性もありますので、欲しい方は早めに申し込みましょう!

Rakuten UN-LIMITに申し込む

実機レビュー

楽天モバイルの店舗で購入してきましたので早速レビューします。

開梱

今回はブラックを買いましたが、真っ白な箱です。

収納はミニマムに。

同梱物は本体、Type-Cケーブル、電源アダプタ、イヤホンジャック変換アダプタ、説明書です。

外観

これだけでは分かりづらいですが、結構小さいのですよ。

ナイトブラックというカラーですが、単純な黒ではなく、少しパープルっぽい黒です。意外に高級感あります。

充電用のType-Cは下面にあります。見づらいですが・・・。

電源と音量ボタンは右側面にあります。

背面のカメラはシングルカメラです。ここを売りにしている端末ではないので。しっかりとおサイフケータイマークもありますね。

ケースと液晶保護フィルム

Rakuten Mini対応製品はたくさん出回っていますが、公式としてはこの2点のみ。あまりこだわりないので一緒に購入。

ちなみに、フィルムは高光沢なガラスフィルムで、ラスタバナナ製です。ケースはクリアなTPUケースで、パワーサポート製でした。それなりに有名どころですね。

それぞれ800円なので、まぁ安いほうです。

装着するとこんな感じ。それぞれがあまり主張しないので、装着してもあまりわかりません。

サイズ比較

現存するコンパクトなスマホの代表格といえば、後継機がでると噂されているiPhone SEでしょう。サイズを比較してみました。圧倒的に小さい。

ちなみに、私がコンパクトなスマホに執着するのは、過去使っていたXperia Rayが非常に使い勝手が良かったから。私の中で思い出No.1の端末です。(カスタムロムいれてAndroid4.4くらいまでは使ってました)

そんなXperia Rayとサイズ比較をしてみましょう。

  • Xperia Ray:約111mm × 約53mm × 約9.4mm/約100g
  • Rakuten Mini:約106.2mm x 約53.4mm x 約8.6mm/約79g

サイズはほぼ同じくらい。どうりで持った感じがしっくりくるわけです。

重量は20gほどRakuten Miniが軽いです。やはり時代の進化は軽量化にも恩恵があるようです。

プリインストールアプリ

設定直後の画面をスクショしてみました。楽天アプリは余計っちゃあ余計ですが、そこまで鬱陶しい感じではないですね。

  

楽天アプリとGoogleアプリはまとめられています。

  

ストレージ

2つほど追加アプリをいれた状態ですが、使用が11.45GBなので、あまりは約20GBというところでしょうか。十分です。

ベンチマーク

パフォーマンスを競う端末ではありませんが、儀式としてやっておきます。

ガルマックスさんのAntutuベンチマークまとめを見ると、2016年発売のZenfone3と同じくらいのスコアということがわかります。十分ですね。

カメラ

個人的にはここには期待していませんが、一応高画質カメラとうたっています。

実際撮影してみて、まったく期待していませんでしたが、意外にまともに撮れています。

動物園でも撮ってみました。

大須観音はいい天気です。

食べ物も結構おいしそうに撮れていますよね。

ズームも試してみます。

まずは普通に撮影したもの。

これを同じくらいの大きさで最大ズーム倍率で撮影してみました。期待してはいけませんね。

動画はちょっと残念な感じです。頭に動画撮影ボタン押したときの操作音まではいってしまっています。他の動画も同様でした。

気になったところ

手のひらサイズということだけで満点をあげたくなりますが、一般的に見てここは気になるだろうな、と思うところをあげてみます。

画面が小さい

私のメイン端末はHuawei P20なので、5.8インチ画面で最近のスマホにしては小型の部類に入ります。しかし、それに慣れているとやはりテキストは見にくいですね。特にさっと取り出して、さっと流し見する際がつらい。電車の中や家の中でじっくり見る分には読めるのですが、さっと見るときには視認性が気になりますね。

誤入力

画面が小さい分、キーボードも小さいです。私は普通くらいの大きさの指だと思いますが、やはりミスしますね。と言っても、慣れてこればそれほど誤入力しません。慣れってすごい。

バッテリー

1250mAhしかありませんのでもたないです。休日に朝からSpeedtestやネット検索やらを使いながらでお昼には40%くらいになっていました。休日に普通の使い方して1日持つのがちょっと厳しいかな、というところですね。

ただ、バッテリーが小さいということは充電も速いわけで、結構すぐにフル充電できてしまいます。そのため、モバイルバッテリー持ってれば気にならないかもです。

壁紙を変更できない

これ、不具合だと思うんですけど、サポートに問い合わせたら「Rakuten Miniは今は壁紙の変更に対応していません」って言われちゃいました。早くアップデートして、とお願いしておきました。

Nova Launcherなどのホームアプリをいれたんですけど壁紙変更しても真っ白なまま。

ロック画面は変更できるんですけどねー。

カメラのシャッターボタン押してから撮影されるまでが遅い

せっかくカメラ画質はそれなりに良いのに、シャッターボタン押してから実際に撮影されるまで1秒くらいあるので、残念です。かわいい猫さんも、一瞬の間にそっぽ向いてしまいます。

初期化したら通信使えなくなった

いろいろと設定いじくり倒したりしたので、一度リセットしようと思って初期化したらeSIM情報も飛んだらしく、最終的にeSIMの再発行が必要となりました。

サポートいわく、本来であれば少し時間が経てば通信使えるようになるらしいんですけど、私の場合は「不明なSIM業者」とでてしまい、通信ができず。

チャットサポート問い合わせで3日、電話サポート問い合わせで1日使った結果、ようやくeSIM再発行で使えるようになりました。

楽天モバイルのサポートもまだまだ手探りのような感じがするので、時間がかかるのは仕方ないにしても、チャットサポートから電話サポートに回された挙げ句、情報は何にも連携されておらず電話サポートでも同じような説明をさせられるのは疲れた・・・。

レビューまとめ

Xperia Rayが使えなくなって以来、ずっと追いかけ続けてきたコンパクトなスマホにようやく出会えたと思いました。おサイフケータイも使え、それなりのスペックを持ち、カメラも最低限のスペックを持っているRakuten Miniは私にとって待ち焦がれたスマホです。

もちろん、画面が小さい分、何でもできる万能なスマホではありません。これ1台でメインとして使えるかというと、多くの方は難しいでしょう。

しかし、メインスマホを別に持っていてサブとして持つには必要十分です。いや、サブと言うより財布代わりといった方が自分にとっては正しいかもしれません。

これに財布一体型ケースとかあったらいいなー。

Rakuten UN-LIMITに申し込んでRakuten Miniを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です