Amazon Fireタブレットを購入&レビュー

私はAmazonプライム会員です。

日頃よりプライムビデオやプライムフォト、お急ぎ便等、完全にAmazonに依存した生活をしております。

そんな私ですが、以外にもKindleやFire TV等のAmazonガジェットを持っていません。正確にはKindle Paper whiteを持っていましたが売ってしまいました。

しかし、先日のサイバーマンデーセールでFireタブレットの8GBが3980円で買えるということもあり、ついに買ってしまいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Fireタブレット

言うなれば、Amazonのサービスを楽しむためだけのタブレットです。

OSはAndroid OSをベースとしたFire OS。そのため、PlayストアなどのGoogleアプリがいれれません。しかし、Fire OS用のアプリストアがあるため、そこからアプリをインストールしていきます。

Amazonサービスのアプリは初期状態でインストールされており、また、購入した段階で購入者の情報に紐づいた状態で配送されます。すごいね。

スペックを見てみましょう。

  • ディスプレイサイズ:7インチ
  • 解像度:1024 x 600 (171 ppi)
  • CPU:クアッドコア最大1.3GHz
  • ストレージ:8GB/16GB
  • micro SDカード:あり(200GBまで対応)
  • カメラ:フロントカメラ+2メガピクセルリアカメラ
  • 重量:313g

最低限のレベルのスペックかなと思います。まぁ、3980円だし、と思えば安いか。

ちなみに、Fireタブレットには8インチのFire HD 8と10インチのFire HD 10があります。Fire HD 8は12980円から、10は29800円からとお高いですね。それでいて、HDディスプレイ。せめてフルHDにしてほしい。

開梱

Amazonからはパッケージをビニール袋にいれた状態で配送されます。

かなり簡易パッケージですね。アメリカのスマホとかもそうですけど、そこらへんの雑貨と変わりません。

中をだしてみます。

シンプルですね。本体と充電器と取説。

取説はイラストのみ。言語対応不要でコスト削減。

裏にはAmazon。マットな質感でカバーはいらなさそう。

上部にインターフェースが集約。電源、USB、音量、イヤホン。micro SDカードトレイのみ右側にあります。

とりあえず保護フィルムでも貼りましょうか。ダイソーのカットできる保護フィルム。

マス目がついているので切りやすい。

気泡はいったけど気にしない。ていうか、写真がぼやけてるな。

これで準備万端だぜ。

電源ON

まずはFireの文字が。

言語選択。もちろん日本語。そして、ネットワーク接続してっと。

早速アップデート確認。最新でした。

いきなり名前聞かれます。すでに私のAmazonアカウントとは紐付済み。

いろんな設定が終わるとホーム画面きた!ほぼAmazon系アプリしかないな。

ストレージはこんなもん。8GBにしてはそれなりに空いていますね。わけわからんAndroidなんちゃらがないからかな。ちなみに、Fireタブレット買うとAmazon Driveを5GBくれるようです。

使ってみよう

私の使い方はAmazonサービス使うだけなので、かなり限定的。

まずはプライムビデオ。寝るときにこいつで見てます。解像度が低いので若干気にはなりますが、まぁ、7インチなのでそんな大したことはない。

そして、Kindle。マンガやら小説やら雑誌記事やらいろいろいれてあります。

マンガは横画面にしてもそれなりにいける。ちょっと小さいけど。

ちなみにブルーライトをカットするモードもある。オレンジっぽくなります。写真じゃ違いがわからん。

まとめ

3980円という破格値で買ったのでかなり満足しております。定価の8980円だったら正直いらないですが。

解像度低くても7インチで見る分には特に気になりません。そりゃあ最近のスマホとかと比べると劣りますけどね。ドット見えるし。でもプライムビデオやKindleや写真見るだけなのでそこまで気にしていません。きりないし。

何かに限定して使うと決めて購入すると幸せになれることでしょう。

通常時でもプライム会員なら4000円引きで購入できるので、試に購入してみるのも面白いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です