ホテルで優雅にテレワーク!相鉄フレッサインのテレワークプランを試す

第5波と言われるほどに感染者が拡大している中、在宅では集中力が高まらないため、ホテルでテレワークができるデイユースプランを試してきました。

相鉄フレッサインのテレワークプラン

今回は相鉄フレッサインの日帰りデイユースプランでテレワークしてきました。

相鉄フレッサインのデイユースプランは以下のような特徴があります。

  • ベッドを廃止
  • ワークチェア導入
  • テレビにHDMIケーブル接続可能
  • 最大12時間(8時~20時)利用可能

他のホテルのデイユースプランだと、多くは通常のベッドがある部屋を日帰りで利用できるプランのため、テレワークには適していません。

その点、相鉄フレッサインではベッドを廃止することにより、独立したデスクと長時間座っていても楽なワーキングチェアが導入されております。

そして、最大12時間利用できるので、1日ホテルで働くということも可能です。

そんな魅力的な相鉄フレッサインのデイユースプランを利用して1日働いてきましたので、その様子をご紹介しようと思います。

楽天経済圏で生きる筆者は、楽天トラベルを利用して予約しました。楽天トラベルならいろいろなホテルのデイユースプランを検索できますので、ぴったり合うプランが見つかると思います。

相鉄フレッサインでテレワーク

今回は名古屋駅桜通口の相鉄フレッサインの利用です。

このホテルは基本的に機械式のチェックインなのですが、朝8時台のチェックインはイレギュラーなのでフロントの方にデイユースで予約した旨を説明して、機械でチェックインをします。

ここからカードキーも発行されるので楽ですね。相鉄フレッサインはキャッシュレス支払い対応なので、QRコード払いなどもできて便利です。

今回はできる限り長時間使ってみようと、8時半~19時半までテレワークしました。この日はお盆休みの人も多く、打ち合わせもほとんどなかったので、もくもくと資料作成しました。

部屋の様子

さて、気になるのはベッドも廃止した部屋の様子ですよね。

このように、ベッドが配置されていた位置にデスクが2つとワーキングチェア、パイプ椅子が置かれています。

ワーキングチェアはそれなりに座り心地よかったです。長時間座っていてもそこまで疲れは感じませんでした。家のダイニングキッチンのイスとは大違い・・・。

モノの配置としては、単純にベッドを取り除いただけのみです。

飲み物は充実しており、インスタントのコーヒーとお茶は自由に飲めます。フロントにも置いてあるので追加で持ち込むことも可能です。

32インチのテレビが置いてありまして、HDMIケーブルもつながっているため、PCに接続して使うことも可能です。

トイレもついていますが、シャワーは利用できないです。タオルも手洗い用のみです。シャワーで気分転換もできるかなと期待していましたが、それはできませんでした。

テレワークの様子

こんな感じで仕事しています。

どこでも仕事できるように、必要なものはすべてバッグインバッグにいれて持ち運んでいます。

SONiCの立つバッグインバッグであるユートリム スマ・スタ ワイドは非常に使いやすく、トートバッグにもはいるので便利ですよ。

よかったところ

今回10時間ほど働いてみてよかったところをあげてみます。

  • 静かで集中して仕事ができる
  • ワーキングチェアが思いのほか疲れなくていい
  • 気軽に気分転換ができる

静かで集中して仕事ができる

家は国道目の前のこともあり、うるさく集中力が続かないことが多いです。そして、かわいい猫様もいるので、いつも猫様とにゃんにゃんしてしまいます。

私の性格の問題ではありますが、静かな環境かつ逃げ場がないところだといい感じに時間を区切って集中して仕事ができはかどりました。

ワーキングチェアが思いのほか疲れなくていい

家だとダイニングテーブルで仕事をしているのですが、イスがとてつもなくデスクワークに向いていません。

リビングのローテーブルも座椅子を使っていますが、すぐに腰が痛くなります。

そんな中で、ワーキングチェアはやはり良いなと思いました。きっとそんな高いものではないと思いますが、それでも全然違います。

やはり家にもゲーミングチェアくらい導入してもいいかなと思い始めてきました。

気軽に気分転換ができる

家だと起きたままで部屋着に着替えて仕事をしているので、ほぼ1日外にでません。

しかし、ホテルだとまず外行きの恰好になっているため、気軽に気分転換として外をぶらつけます。

名駅なので少し歩くだけでも気分転換にもなります。ホテルの1階がミスドにつながっているため、そこで少しコーヒーブレイクもできますね。

お昼は国際センター駅近くのタイ料理屋でおいしいランチをいただきました。

ここは改善してほしい

テレワークに特化したデイユースプランとしては満足なのですが、一点だけ改善してほしいです。

それはテレビというかモニターの位置。

せっかくHDMIケーブルをつなげるので、デスクから見やすい位置に配置してほしいです。

さらに座った時の目線に合う位置にモニターを配置してほしいなと思いました。

これはもともとのホテルの配置から変えていないというのと、このプラン自体がテレワークというよりは会議室プランという形になっているため、座っての使用メインではないのだと思います。

でもテレワークをするにあたってはやはり目線の位置にモニターが欲しいなと思いました。

あとはデスクを移動させなければいけないのも面倒ではあります。

気になるお値段

8時から20時まで、最大12時間デイユースできるプランとなります。

これでお値段は3700円でした。

正直、これはテレワークだけで使うという観点でいけば高いです。ただ、家での生産性を考えると妥当な金額かな、とは思います。

時間単価で割れば、300円/hとなりますのでそれを考えると安いのかもしれません。

まとめ

今回は家でテレワークで集中できなかったのでホテルでのテレワークを試してみました。

家よりも集中しながら適度に気分転換をして仕事がはかどります。資料作成もざくざくと進み、資料のアイデアもいくつかでてきました。

ただ、もう少し金額が下がるとうれしいかなというのが正直なところ。しかも、これは私の事情ですが、職場から徒歩3分くらいの立地なので、これなら職場行ってもいいかなとか思ったり。

それでも月1回くらいは利用してもいいと思える結果でした。またデイユースで仕事してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です