ALPINE ビッグXの地図更新データディスクを申し込む

2017年度の地図更新が7月14日(金)から開始されました。

昨年はWi-Fiに接続して地図更新を行いました。

【2016年度版】X9S-PR2の地図更新をやってみた【アルパイン ビッグX】

しかし、容量も重く(1.1GB)、ダウンロード、インストールと結構時間がかかりました。

そんなわけで、今年はデータディスクを取り寄せての更新に挑戦します。

MEMO
2週間後に地図ディスクが到着しましたので地図更新をやってみました

【2017年度版】X9S-PR2の地図更新をやってみた【アルパイン ビッグX】

データディスクを申し込む

地図更新用データディスクはALPINEのユーザールームから申し込むことができます。ユーザー登録がまだの方はこちらからユーザー登録できます。

トップページがこちら。製品登録をしている製品が表示されています。

私は2015年度製品のX9S-PR2です。そちらの「製品サービス」を選択します。

中央のコラムに活用できるサービスが表示されているので、その中の「地図データ年度更新サービス」を選択します。

地図更新方法が2つ表示されるので、今回は「地図データディスクでの更新」を選択します。

そこで、住所、氏名、電話番号を入力します。とは言え、登録している情報が表示されますので何も入力する必要がないですけどね。

その後、地図データ更新の流れが表示され、入力情報の最終確認が表示されます。「申し込む」を押せば完了。

どれくらいで届くか

申し込み完了後から1週間程度かかる可能性があるとのこと。まだ届いたのでどれくらいで届くかは不明ですが、また届いたら報告します。

地図データディスクが届いたら今度は地図更新にチャレンジですね。

PRIUS専用ビッグX

私が使用しているのはX9S-PR2ですが、最新型はX9Z-PRという型番で2017年8月に発売する予定です。値段もそれほど変わらないので、買うなら最新型がいいですね。最新型は音声認識機能のVOICE TOUCHやステアリングリモコンに任意の機能を割り当てることができるステアリングコマンドインプット、ルート案内学習機能等、さまざまな新機能がありますよ。

断然最新型がおすすめです!私も変えたいくらい!(お金ないけどね・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です