【地図更新】 アルパイン2016年10月度高速道配信サービスの案内

2016-07-18 12.07.19

定期的に高速道路の情報を更新してくれるアルパインさん。

9月度に引き続き、10月度の更新情報です。

該当の高速道を使用予定の方は是非更新してみてください。

2016年10月度の配信高速道

今回の更新分は以下のとおりです。

・釧路外環状道路:北海道
釧路西IC-釧路東IC(新規開通)

・三陸自動車道国道45号:宮城県
登米東和IC-三滝堂IC(新規開通)

・首都高速湾岸線:神奈川県
本牧ふ頭入口(ランプ形状変更)

・東名高速道路:神奈川県
横浜町田IC(ランプ形状変更)

・神奈川県
町田市鶴間-鶴間(ランプ形状変更)

・高知東部自動車道:高知県
なんこく南IC-高知龍馬空港IC(新規開通)

新規開通がいくつかありますね。四国や北海道はまだ高速道路網が弱いところがあるので是非とも各地に張り巡らせてほしいところです。北海道は下道をのんびり走るのもいいですが、一気に移動したいときもあるので是非期待。

それから、ランプ形状変更なんてのも更新してくれるのですね。横浜町田は年に3、4回ほど使いますが、まぁ、いらんすね。

ちなみに、こちらの情報を適用させるためには2016年度の地図更新を行っている必要があります。2016年度地図更新手順はこちら

更新手順

こちらの高速道配信サービスを利用するためにはアルパインのウェブサイトユーザー登録をし、ウェブからダウンロードするか、ナビ本体をWi-Fiにつなげて更新する方法があります。

ウェブからダウンロードして更新

  1. アルパインのUser’s roomにログイン
  2. 登録製品から製品サービスを選択
  3. 高速道配信を選択
  4. 2016年度を選択
  5. ダウンロードを選択(最新のものしかダウンロードできません)
  6. SDカードまたはUSBメモリにデータをダウンロード
  7. ダウンロードしたデータが入ったSDカードまたはUSBメモリをカーナビに接続
  8. インストール可能データ一覧が表示されるので該当のデータを選択
  9. インストール開始
  10. 自動で再起動しインストール完了

Wi-fi接続で更新

  1. カーナビをWi-fiに接続する
  2. 「NAVI」スイッチを押して「情報/更新」を選択
  3. 「Wi-Fi更新」→「データ更新」→「ダウンロード可能データ確認」の順に選択
  4. 該当のデータを選択して「ダウンロード」を選択
  5. ダウンロード完了後、インストールする旨のメッセージが表示されるので「はい」を選択
  6. インストール開始
  7. 自動で再起動しインストール完了

まとめ

10月度も特に更新する必要はないかな。北海道行くなら更新していたかもしれないが。

高速道路は地図と実際の道が異なると戸惑ったりどっちへ行けばいいかわからなくなることが多くなるので、気になる方は是非更新してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です