50系プリウス 特別仕様車発売

発売から9ヶ月が経過した50系プリウス。

販売は好調なようで、街にも新型を見かけることが多くなりました。さすがに私のブラックは結構な頻度で見かけますね。

そんな新型50系プリウスですが、どうやら特別仕様車が発売されるようです。ディーラーでちょこっと情報をいただきました。

正式発表されましたので情報を更新しました

プリウス 特別仕様車

今回の特別仕様車はSグレード(含むツーリング)をベースとした「セーフティプラス」という特別仕様車。発売日は2016年8月8日。

Sグレードに以下の装備が追加されます。

  • トヨタセーフティセンスP
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • シンプルインテリジェントパーキングアシスト
  • 自動防眩インナーミラー
  • 雨滴感知式オートワイパー
  • LEDフォグランプ
  • ナビレディパッケージ
  • ヘッドアップディスプレイ

「セーフティプラス」という名称だけあって安全装備が追加されています。

自動ブレーキのプリクラッシュセーフティシステム、車線逸脱警報のレーンディパーチャアラートシステム、自動でロービーム、ハイビームを切り替えるオートマチックハイビーム、全車速追従機能付きレーダークルーズコントロールをパッケージングしたトヨタセーフティセンスP。アクセル、ブレーキ踏み間違いを防止してくれるインテリジェントクリアランスソナー、駐車支援機能のシンプルインテリジェントパーキングアシストなどが追加されています。

Sグレードでメーカーオプションとして装着できない機能もありますので、なかなかお得なのではないでしょうか。

ちなみに、ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、アティチュードブラックマイカ、スティールブロンドメタリックのみとなります。

価格

価格もおそらくSグレードで270万円前後になるとのことですので、結構コストパフォーマンスは良さそうですね。

  • 2WD:2,693,520円
  • 4WD:2,887,920円

ある程度予想通りの値段ですね。これは結構お得かも。

Aグレードとの比較

ここで気になるのがAグレードとの差でしょう。

Aグレードにあって、S Safety Plusにないのは以下のとおり。

  • スーパーUVカット+撥水機能+遮音性ガラス
  • ブラインドスポットモニター
  • フロント足元ランプ
  • ホワイト加飾コンソールトレイ
  • おくだけ充電(オプション)
  • ソフトパッドドアトリムアッパー
  • 高輝度シルバーアクセントサイドレジスター
  • アルミホイールダークグレー加飾
  • リチウム電池
  • ドアミラーヒーター

※2016年11月6日修正:ドアミラーヒーター追記

続いて、2WDでの価格の比較です。

  • Aグレード:2,795,923円
  • S Safety Plus:2,693,520円

価格差は約10万円。安全装備をつけたと言いつつ、ブラインドスポットモニターが特別仕様車に設定されていないのは気になります。しかし、上記の差のみで価格差10万円であれば、Aグレードから特別仕様車に流れる人は結構いるんじゃないかと思います。

このタイミングで特別仕様車の理由

発売1年経たずして発表される特別仕様車ですが、思ったより売れていないとのことでしょうか。販売のテコ入れにしてはちょっと早いのではと感じます。

そこで推察する理由としては、オーダーをSグレードに集中させたいという狙いがあるのではと考えます。発売開始から思いの外、Aグレードにオーダーが集中しているため、一時期AよりもSのほうが2、3ヶ月早いということがありました。販売色もオーソドックスなカラーのみと限定していますので、ますます怪しいですな。

また、Sはニッケル電池を使っていることもあり、PHV販売に向けてリチウム電池を温存させたいのではと思います。

どんな理由にしろ、検討している方はなかなかお得な特別仕様車ですので、候補のひとつに加えてみてください。

2 Comments

ぱちゃ

プリウスA乗りの者です。毎回楽しく拝見しています。
Aグレードにあって特別仕様車にないものに1点追加です。
 ドアミラーのヒーター
このため、エアコンの右下ボタンの絵柄が異なります。
参考になれば幸いです。

返信する
れともめ

ぱちゃさん、コメントありがとうございます。
また、ご指摘ありがとうございます。抜けていますね。修正します。
自分の車にもミラーヒーラー付いていることを完全に忘れてました(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です