有機ELテレビは今買うべき?OLED55C8PJA LG製の有機ELテレビを1ヶ月使ってみた感想

これからの時代は有機ELテレビが主流になるだろうとの思いからLGの55インチ有機ELテレビを買いました!

事の発端はテレビが壊れたこと。

テレビ壊れた!買い替えのために4Kテレビを検討して購入した話

買い替えのためにソニーやらシャープやらLGやらパナソニックやらのテレビを調べていたら、タイミング良くセールが重なって、店員さんがさらに安くしてくれたということで、LGの有機ELテレビを買いました。

実際に1ヶ月使ってみた感想と、有機ELテレビを今買う必要性についてご紹介します。

LG OLED55C8PJA

LGの有機ELテレビです。有機ELテレビは型番がOLEDで始まりますのでわかりやすい

私が購入したものは2018年モデルの「C8P」シリーズの55インチサイズです。店頭を見ると1世代前の「C7P」が型落ちということで安く売られており、その次に安いのが現行の「C8P」となります。LGの有機ELテレビのエントリーモデルとでも言うのでしょうかね。

昨年モデルの「C7P」シリーズから映像エンジンが有機EL専用映像エンジンのα9 Intelligent Processorに変更となり、大幅に画質が改善されたとのことです。7年前の32インチテレビを使っている私からしたら進化しすぎて違いがよくわかりませんけどね。

ちなみに、価格.comの最安サイトでも18万5千円(2018年10月13日現在)ほどしますが、私は18万円切る価格で購入できました。しかも、さらにポイント10%とギフトカードがついてくるというとてつもないお得な買い物でした。相当せっぱつまっていたみたいです。

到着!

大型家電ですので配送、設置までやってもらいました。

外箱はこんなに大きいんです。(玄関汚いのはご容赦ください)

設置完了!!とりあえずデモ映像流してみました。

うーむ、美しい。4Kって素敵ね。

我が家の使用環境

朝のニュースや流し見するものを除き、地上波で見たい番組はすべてnasneで録画をします。そのため、テレビにHDDをUSB接続しての録画は行いません。また、AVアンプを使用するため、内蔵スピーカーの質については無評価です。

大体はPS4 Proを接続してのゲームか、プライム・ビデオ等のVODで映画を見ています。その上での感想となります。

OLED55C8PJAの良いところ

1ヶ月使用してみて良かったところをご紹介します。

黒が黒い

何いってんだこいつと思われるかもしれませんが、黒が本当に黒いんです。

Youtubeの4K花火大会動画を見て驚きました。部屋を暗くして見ると画面の境目がわかりません。

液晶は黒を黒色として表示しているのですが、有機ELでは黒部分は発光素子が光っていない状態となるため、液晶の少しグレーがかった黒とは違って真の黒が表現できているようです。とにかく黒が黒い。これは明るく照らされた店内で見てはそこまでわからないですが、家で見ると全然別物と感じるはずです。

4K UHD HDRの映像が美しい

これは言うまでもなくの素晴らしさです。

最後までソニーのX9000Fと迷いましたが、有機ELの本機にして良かったと本当に感じます。映像に奥行きがあるというか、階調が豊かなんですよね。こればかりは実際に目にして確認してほしいです。写真じゃ伝わらないと思いますので。

そして、緑や赤といった色調がとても美しい。ただ、標準設定だとコントラストが強すぎると感じる場面もあるのでもっぱらシネマ1に設定しています。

リモコンが使いやすい

OLED55C8PJAにはマジックリモコンが付属しています。

マジックリモコンとは、通常のリモコンがボタンでテレビを操作するのに対して、マジックリモコンをテレビに向けると現れるポインターを動かして操作するリモコンです。イメージに近いのはプレゼンとかで使うレーザーポインターでしょうか。ネコが好きなやつです。

通常のリモコンのように十字キー操作にすることもできますが、そうなると目的の項目に達するのに何回もボタン押さなければいけないけど、マジックリモコンならすぐに目的の項目を選択できます。直感的に操作できますね。

シリコンケースをつけたら持ちやすい。

反応が良い(前のテレビに比べて)

LGのテレビは反応が悪いと聞いたことがあったので、少し懸念を持っていたけど、実際使ってみるとサクサク動きます。

テレビが起動するまでは、電源ボタン押してから少し待ちますが、そのあとはサクサクです。もしかしたらこの電源いれたあとの待ち時間のことを反応悪いって言われてたのかな。

チャンネル変更もすぐ切り替わるし、いろんな項目選んでもすぐ反応しますよ。

主要VODがそろっている

これは今の時代必須ですよね。

Youtubeはもちろん、AmazonビデオやNetflix、U-NEXT、DAZNなどが対応しています。残念ながらHuluは無いようです。ただ、私の最優先であるAmazonビデオ対応は大きいですね。(ただ、4Kコンテンツはそんなに多くないです)

U-NEXTについては、LGテレビ購入の方が31日間の無料アカウント登録を行うと2000Ptもらえるキャンペーンをやっていました。U-NEXTにも4Kコンテンツがあるので、せっかくなので登録して見てみるのも良いですね。(解約は忘れずに!)

サイズが我が家にぴったり

とにかく薄いのでネコも無理やり乗ろうとしません(笑)

そして、画面の下部が太めになっているので安定度もあります。

脚も、後部が小さめとなっているので、我が家の設置環境にはぴったりでした。(nasneが死んでいます)

OLED55C8PJAのイマイチなところ

続いては、イマイチなところです。

動きものには弱い

LGはゲームには向かないと言われますが、本機もおすすめできる仕様ではなさそうです。

PS4のMarvel’s Spider-Manをやりましたが、ウェブスイングしているときに少しカクつき、残像がでます。これでもやれなくはないですが、やはり気になります。ちなみに、私の環境はPS4 Proをテレビに直接HDMIでつないでいます。

有機ELはそもそも応答速度が速いということを聞いていたし、本機にも倍速モードがあったのでいけるかなぁと淡い期待を持っていましたが、これは残念ポイントです。私の好きなワイルド・スピードを見ていても、車の挙動が少し気になりますね。

最後まで迷っていたKJ-55X9000Fだとこの不満は解消されたのかなぁ、と思ってしまう唯一のポイントです。

細かい操作性が悪い

いや、本当に細かい話なのですが、nasneの録画番組を再生している時にいい感じにCMを飛ばせる早送りが無いとか、数字ボタン押したら勝手に地上波のそのチャンネルに切り替わってくれないだとか、あと一歩融通が利かないです。

ここらへんは海外メーカーなので、グローバル仕様なのかなと感じます。

今、有機ELテレビは買いか

私の意見は、まだ時期尚早かなと感じています。

私は新しもの好きというのと思わぬ安値で購入できる機会があったため購入しましたが、お金に余裕がある人や映像にこだわりがある人以外は液晶で十分なんじゃないかな。もう少し細かいところがブラッシュアップされ、値段がこなれてきてからでも十分だと思います。

その意見に至った理由としては以下の2点です。

液晶テレビも十分きれい

知人宅でソニーの2年前くらいの4K液晶テレビ見ましたが、通常用途ではそこまで差はないと思います。結局、液晶も有機ELも4Kテレビですから、再生コンテンツが4K UHDであれば液晶も十分きれいでした。逆に液晶ならではのメリットもあるでしょうし。

そこまで画質にこだわりなければ気になりませんよ、きっと。比較するわけではありませんから。

4K UHDコンテンツが少ない

有機ELテレビのすごさを存分に楽しむためには4K UHDコンテンツが必須です。

しかし、4Kテレビ購入して改めて感じましたが、再生するコンテンツが少ない。プライム・ビデオも4K動画で見たいのは全然無い。U-NEXTにいたっては、我が家の回線が弱いのか、4K動画を見ても勝手にHD画質で再生されて4Kに設定できない・・・。4K UHDのディスクを見るためには、2~3万円のプレーヤー(または、Xbox)が必要になるし。そもそも、ディスク自体が5千円以上するという始末。

今後、BSで4K放送が始まれば少し変わってくるかもしれませんが、現状では有機ELの映像の美しさを満喫するための追加投資がでかすぎます。

まとめ

最終的には、まだ有機ELテレビ買うには時期尚早とか言っちゃってますけど、一度有機ELテレビにしてしまうと元に戻れなくなる魔力もあります。あの黒の深みは抜け出せない深みです。4K UHDの映像にはため息しかでません。

OLED55C8PJAは細かいところでは気になるところもあるけど、この映像を20万円切る価格で楽しめると思うと十分安いと思います。他の有機ELだと30万円オーバーになっちゃいますからね。さすが、自社供給しているメーカーは違いますね。

とにかく有機ELテレビを楽しみたいという方に十分おすすめできるテレビです!レッツ有機ELライフ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です