東山動物園に新しいゴリラ・チンパンジー舎オープン!

シャバーニで有名な東山動物園に、新しいゴリラ・チンパンジー舎が9/6にオープンしました。

ゴリラ・チンパンジーのふるさとであるアフリカの森をモチーフにした、緑溢れる空間です。

早速行ってきましたのでその魅力をお伝えします。

新ゴリラ・チンパンジー舎

9/6から新たにオープンしたゴリラ・チンパンジー舎は、アフリカの森をモチーフにした野生の環境に近い状態で展示されています。

樹上の生活を意識しているらしく、屋外展示、屋内展示ともに高低差を考えられた環境となっております。

展示時間

現在は以下のような時間で観覧することができます。まだ屋外でのゴリラを見ることはできないのですね。

展示のポイント

今回の新しい展示のポイントは4つあるそうです。

  • 日本最大級の広さの屋内展示場
  • 樹上生活を見られる、タワーが設置された屋外展示場
  • 知能の高さを見て学べるアリ塚やエサフィーダー
  • ゴリラとチンパンジーを同時に見れる屋外展示

日本最大級の広さの屋内展示場

言葉通り、とにかく屋内展示場は広いです。広い中にも高いところにも登れるようになっており、自然環境に近い、高低差のある生活ができるように見えました。

また、観覧スペースには学習展示もありますので、今以上にゴリラ・チンパンジーのことを学ぶことができます。

実物大っぽいシャバーニもいますので、撮影スポットになっていました。

樹上生活を見られる、タワーが設置された屋外展示場

屋外展示場は横の広さよりも縦の広さを重視されています。樹上生活をメインとするゴリラ、チンパンジーの本来の姿を見ることができるのではないでしょうか。

知能の高さを見て学べるアリ塚やエサフィーダー

エサ箱がおいてあるのではなく、少し工夫しないとエサをとれない仕組みになっており、チンパンジーの知能の高さを見ることができるようです。

ゴリラとチンパンジーを同時に見れる屋外展示

正直、言われるまで気づきませんでしたが、確かに同時に見ようと思えば見れそうです。

ちなみに、まだゴリラの屋外展示はしていないそうです。ここがおそらく屋外展示スペース。

こんなところでした

実際に行ってきたので写真でご紹介。

遊園地のコースターの手前から入ることができます。

脇には謎の実物大チンパンジーやゴリラが鎮座しています。みんな写真撮ってました。

展示スペースの前には広いスペースがありますので、天気良ければここでお昼もいいのではないでしょうか。

屋内展示スペースはまだまだ混みそうですね。

シャバーニさんは相変わらずの貫禄。

高いところでご満悦そうです。

屋外展示場もタワーのてっぺんでご満悦。

チビもはしゃいで上り下りしていました。

まとめ

ゾージアムを始めとし、徐々に展示施設がリニューアルされていく東山動物園。

人気No.1のシャバーニの展示場もついにリニューアルオープンされました。個人的に期待以上の良い環境になったなと思います。

今後もレッサーパンダの展示等、どんどん進化していくとのことですので、是非肉食小獣舎もリニューアルされてほしいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です