50系プリウス 車検前最後の点検&リコール対応を受けてきました!

2016年2月に納車された私の50系プリウス。車検を2019年1月に控え、車検前最後の点検を受けてきました。

そして、今回は先日記事にしましたサービスキャンペーンの対応もしてもらいましたよ。

ここまでくると、特段ネタにすることもありませんが、備忘録ということで。

半年点検(プロケア10)

私は愛知トヨタで購入しましたのでいつも愛知トヨタで点検も受けています。(購入した店舗とは別の店舗ですが)

今回の点検は以下の通りでした。

基本点検は3700円であとはエンジンオイル交換です。

エンジンオイル交換はオイルリザーブ会員になっておりますので、今回の請求はありません。(会員になるときに払っていますので)

オイルリザーブ会員については以下を参照ください。

愛知トヨタのオイルリザーブ会員はお得だ

タイヤの溝が少し減ってきているから交換しては、という話もありましたが、現在は車通勤→電車通勤に変更したため、今後はそんなに距離は乗らないと思い、ローテーションだけにしてもらいました。

あれですね、点検と言いつつも、涼しい中でコーヒーもいただき、無料でアイスもいただき、喫茶店感覚です(笑)

サービスキャンペーン対応

今回は点検だけではなく先日DMが届いたサービスキャンペーンの対応も同時に行われました。もちろんサービスキャンペーンなので無料です。

50系プリウス 取扱書の内容に関するサービスキャンペーン

さて、どう取扱書が改訂されたのか見てみましょう。グローブボックスが狭く、強引に押し込んでいるのでぐにゃぐにゃです。

裏表紙をめくってみると改訂場所を発見しました。

ほうほう、水没したときの対処方法が記載されています。

緊急脱出用ハンマーってなんでしょうね。ちょっと調べてみたら、レスキューマン3という商品がトヨタ純正としてオプション設定されているようです。

このハンマーでは合わせガラスを使用しているガラスは割れませんよという警告ですね。

合わせガラスとは

合わせガラスというのは2枚以上のガラスを強力な樹脂で接着したもののことを言い、飛び石等でガラスが割れてもガラスが飛び散ったりしない安全なガラスということです。付加価値で、遮音性も高くなると言われています。

車のフロントガラスは基本的には、どの車でも合わせガラスですが、ドアガラスまで合わせガラスというのはあまり多くないのでしょうかね。ちなみに、2枚以上のガラスを使っていますのでもちろん部品単価は高くなります。

私は飛び石でフロントガラスが割れてしまい、交換に20万円弱の請求を受けました。

まぁ、なんにせよ水没したときには読んでいる場合ではないので、事前にしっかり読んでおきましょうね。

特に最近は豪雨等で、水没の可能性というのも少なくないと思いますので、事前情報収集は重要ですよ!

まとめ

車検前の最後の点検ということで、ついに新車3年の車検が目の前に見えてきました。

このプリウス購入は前回の車の車検のタイミングで購入したため、ここ5年は車検を受けていませんでした。久々の車検です。

まぁ、初回車検なのでそれほど請求は高くないでしょうがね。

とはいえ、せっかくなので車検毎に乗り換える人を演じて、いろんなディーラーで車みながら下取り見積もりをとってきてもらおうかと思っています(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です