認識できなくなったSDカードから写真データを復元した話

先日、旅行先で写真撮影を終えて、データをPCに移すためにSDカードを挿入しました。

しかし、今まで普通に使えていたSDカードが突如認識されなくなりました。背筋も凍るとはこのことです。もちろん、カメラの方に挿入しても読み取れないまま。

フォーマットをしてしまえば使い続けることはできるのですが、その場合は直前まで撮影していた写真データがすべて消えてしまいます。それだけは避けたい。

というわけで、復元ソフトを使って認識できなくなったSDカードからデータを復元した話をしようと思います。

突然SDカードが認識しなくなった

私が遭遇したエラーは以下の通りです。今までカメラにいれて写真を撮っていたSDカードをPCに挿入したところ、以下のようなメッセージがでて中身がみれなくなってしまいました。

旅行先の思い出がつまった大切なデータで、再度撮り直すということは不可能に近い写真がはいっています。背筋がこおりました。

その直前までカメラにいれてあり、普通に写真撮影可能だったSDカードです。再度、カメラに挿入してももう読み取ることはできなくなっていました。

認識不可能になった原因

コマンドプロンプトのチェックディスク機能で状態を調べてみると「RAW」という状態であることがわかりました。

「RAW」というのはデジカメ写真のRAWファイルと同じような意味合いで、生の状態を指します。つまり、未フォーマット状態になっているのと同様の状態なのです。

SDカード内の、FATやNTFSといったドライブフォーマットを認識するためのセクターに何かしらの破損が発生し、認識できなくなった可能性が高いということです。

フォーマットが認識できないために、中のデータを読み取れないだけなので、撮影したデータはまだSDカード内に残っていると推察されます。

データ復元を試みる

こういうときはデータ復元ツールを使います。

ネットで検索してみると、有料から無料までさまざまなツールが検索結果に表示されます。

上位に表示されるものとしては、バックアップツールとして有名なEaseUSのリカバリーツールやWondershareのリカバリーツールですね。ただ、それなりの値段がしますので、ひとまずフリーソフトで使えそうなものがないか試してみました。

結果を先にいいますと、無料で復元できました。

Zero Assumption Recovery(ZAR)を使いました

今回使用したツールはZero Assumption Recoveryというツールです。有料ツールですが、一部制限がかかった状態であれば無料で使用することができます。こと、写真データに関して言えば、ほとんど制限がないのと同じに使うことができます。

ちなみに、こちらは削除したデータを復元されるツールとして通常使われますが、認識しない写真データの復旧にも使えるのですね。

ダウンロードはこちらから可能です。インストールや使い方は以下のブログを参考に実施しました。特に難しいことはないと思います。

参考

Zero Assumption Recovery(ZAR)でSDカードから削除した写真を復元する方法ANTARES

ZARを使って復元してみよう

インストールが終わったら復元してみましょう。まずはツールを立ち上げます。

一番上に「Image Recovery」というボタンがあるので、それを選択しましょう。しっかりと「(Free)」と記載されていますので写真データについては無料で使えるということです。

そうすると、PC上のドライブが一覧で表示されます。今回対象となる認識できなかったドライブは「Generic STORAGE DEVICE」と表示されています。フォーマットされていればドライブ名が表示されるのでしょうね。

該当のドライブを選択して、「Next」を選択します。

ここからはZARがドライブをスキャンして削除したデータ、現在入っているデータを検索してくれます。これには結構時間がかかりました。

 

検索が終わるとツリー形式でフォルダが表示されます。フォルダをクリックしていき、該当のファイルが一覧ででてきました!プレビュー画面を表示する設定にもできるようです。
このツールのいいところは、データの書き出しをフォルダ単位でできるところですね。他のツールではファイル単位でしかできなかったり、複数データの書き出しに対応していなかったりします。

最後は保存先を決定し、しばし待てば復元完了です!

復元の成功率はどれくらい?

今回はZARを使用しデータの復元を試みました。

ところでどれくらいのデータを復元することができたのでしょうか。

今回復元できたデータ数は980、容量は14.7GBのデータが復元できています。

該当のSDカードが16GBの容量だったので、ほぼ100%復元できていますね。保存したデータも確認しましたが、特に破損ということはありませんでした。

これが削除したデータだったらまた話は違ったのかなと思います。今回の私のエラーは、フォーマット形式が認識できなかったことに起因するため、データ自体は生きていたと推察されます。また、認識できなくなってから2日ほどで復元作業を行えたのもよかったかなと思います。

まとめ

旅行先の思い出等の大切な写真をおさめたSDカードが急に読み取れなくなったときはどうなることかと思いました。

正直、7割位はあきらめていてフォーマットもしょうがなしと考えていました。しかし、ネットは便利なもので、情報がわんさか転がっています。

今回も多くの方が情報を残していただけていたため、無料でデータの復元を行うことができました。

写真データに限って言えば、ZARはかなり頼れるツールかなと思います。

みなさんもSDカードが急に認識しなくなった等の症状がありましたら、試してみることをおすすめします。

2 Comments

れともめ

今回はフォーマットを認識できなくなった場合の状況からの復元でしたのでこれだけ復元できたのだと思います。
他のアプリを使っても同様に復元は可能だったかと。
もっとややこしいくらいに破損しているとどうでしょうかね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です