50系プリウスで快適に車中泊するためにエアーマットを購入

我が愛車である50系プリウスでより快適に車中泊するためにいろいろ試行錯誤しております。

50系プリウスで車中泊してきました

おおむね土台はできてきたかなぁと思っておりますのでこれからはさらに快適に過ごすためのことを考えていこうと思います。

まずはぐっすり快適に眠るためにエアーマットを購入してみました。

さて、良い眠りは手に入れれたのでしょうか。

FDLH エアーマット 自動膨張タイプ

私が購入したのはFDLH エアーマットというAmazonで売っていた約1700円の激安エアーマットです。この値段で自動膨張タイプなのです。

ついでに、エアーピローもついているのでこれだけでマットと枕を兼ねています。これと寝袋があれば安心して寝れますね。

買ってみました

プライム会員の私は翌日に届きます。素晴らしい。

収納された状態は非常に小さく持ち運びもらくらくです。

バックル?がついているのでしっかりと固定できます。これで止めることができれば、収納袋にしまう際も楽にできそう。私の寝袋はこういう止めるやつがついていないので収納袋に入れるのがとても大変なんですよね。

広げてみました。結構小さい・・・。

家で試してみる

とりあえず、まずは家で試しに膨らましてみようと思います。

自動膨張ということなので、まずはバルブを開けて自動でどれくらい膨らむのか見てみます。

バルブは、開けてもフタ部分は外れない構造なのでなくす心配はなさそう。

このまましばし待ちます。私はこの間にご飯を食べたので1時間くらい放置していました。

自動で膨張するのはこれくらいの厚さまでだそうです。膨張というよりも、中のウレタンが元の厚さに戻っただけということなので、厳密には膨張という言葉はあまり正しくないような気がします。低反発みたいな感じなので、どちらかというと復元ですかね。

この厚さで物足りない場合は、自分で息を吹き込んでふくらませる必要があります。吹き込むのはさっきの黒いバルブ部分です。

結構大変です。5分ほどがんばってみたところ、これくらいにはなりました。

ちなみに、枕部分は専用の吹き込み口があります。よく浮き輪とかであるアレです。浮き輪と同じで、潰しながら息を吹き込まないと膨らまないので注意。

寝てみました

自宅ですが、試しに横になってみました。

先程の状態で寝てみましたが、これは膨らませ過ぎでした。左右に分かれて膨らむため、体が間に沈み込んで挟まれるような感じになります。

もっと空気は抜いても良いと思います。私はこれくらいなら下の硬さも感じず、寝れるかなと感じました。

大きさはどう?

私は身長175cmで体重は70kgの体型です。寝てみると足先はこんな感じ。

結構きつきつです。2つ連結できるそうですが、2つで一人がゆったり寝れるくらいの大きさかと思います。子供にはちょうどいいかも。

車中泊で使ってみる

思い立って京都へ行ってきました。その際に車中泊をしたのでそこで使ってみました。

ペタペタにマットレスよりは快適に寝れます。ただ、五十歩百歩な感じで、プラシーボかもしれません。

正直、車中泊でエアーマットを使う場合はもっと広いやつを使いたいですね。底面をすべてエアーマットにして、上でごろごろしたいです。

特に50系プリウスだと高さが高くないため、色々重ねると天井近くなり息苦しくなります。

あ、でもこのエアーピローは結構お気に入りでした。今回の車中泊も、最終的には寝袋に入りながらこのマットには乗らず、エアーピローだけ使って寝ていました。この枕部分だけ500円くらいで売ってくれんかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です