無料で富士フイルムX-T20をレンタルしてみた~天王寺動物園で試写編

富士フイルムのレンタルサービスを利用してX-T20とレンズ2本をレンタルいたしました。

無料で富士フイルムX-T20をレンタルしてみた~レンタル手続き編

今回は実際の使用感レビューと作例をご紹介しようと思います。

今回のレビューでは天王寺動物園での試写を紹介します。

使用機材

今回はレンタルしたX-T20+XF55-200mmを使用しています。動物園なのでできるだけ望遠で撮りたかったので200mmです。欲を言えばもう少し欲しいけど。

カメラ設定

X-T20はJPEG撮って出しの際の色調、階調をいくつか変更することができます。フィルムシミュレーションという機能で、過去のフイルムの色調、階調をシミュレーションしているものです。

以下の写真は、すべて説明のないものは「PROVIA」というスタンダードのものをのせています。

天王寺動物園

曇り模様な大阪。動物園前駅を降りて動物園へ向かいます。最寄りとはいえ、それなりに歩きますね。

動物園最寄りの駅では定番の駅ナカ動物園。名古屋も博多も同じような感じです。

DSCF9572

入り口はおしゃれな感じですね。

DSCF9581

入ると素敵なお花があったのでパシャリとしてみました。

DSCF9590

動物園からはあべのハルカスも見えました。

DSCF9587

さらに望遠で拡大すると、人まで見える・・・。恐るべし。

DSCF9781

動物園なので、動物見ていきましょうか。

まずはハイエナです。気持ちよさそうに寝ていました。

DSCF9625

この子は名前忘れてしまいましたが、笑い顔がいやらしいですよね(笑)

DSCF9718

かっこいいなぁ。

DSCF9688

ペンギンかぁいいねぇ。

DSCF9757

レッサーパンダ舎の近くにはこんなものが。

DSCF9745

続きまして、アジアゾウです。もぐっていました。

DSCF9796

シマウマはキリンたちと一緒でしたね。

DSCF9634

シロクマはかっこよく撮れました。すごい解像度だ。

DSCF9871

シロクマのあくびもいいよね。

DSCF9910

アシカもあくびしていました。

DSCF9805

フィルムシミュレーションで遊んでみる

X-T20はフィルムシミュレーションブラケティングという、ひとつの写真に対して3種類のフィルムシミュレーションを同時に撮影する機能があります。

ということで、いくつか撮ってみました。

まずはスタンダードな「PROVIA」です。

DSCF9631

これに対して、ビビットな色調になる「Velvia」です。ちょっと作り物のような色合いになりますが、好きな人は好きな感じですよね。

DSCF9632

続いて、まずはスタンダードな「PROVIA」。

DSCF9889

続いて、モノクロになる「ACROS」です。色の世界が消えて、すごい印象的になりましたね。

DSCF9891

続いても、まずは「PROVIA」から。通天閣です。

DSCF9673

これまた「ACROS」です。一気に昭和感がでてきますよね。

DSCF9678

続いても、まずは「PROVIA」から。

DSCF9928

これまた「ACROS」です。モノクロばっかで申し訳ないですが、もともと黒い鳥もモノクロにするとなんだか印象的になりますね。すみません、語彙が少ないです。

DSCF9930

まとめ

DSCF9961

普段から東山動物園で撮影することが多いため、普段使っているα55との違いに愕然としました。そもそも6年前のカメラではあるので、性能が違うのは当たり前ですが、こんなに解像感がある写真が撮れるんだなぁとびっくりしました。

必ずしも解像度が高い写真がいい写真とは限りませんが、やっぱり違いがわかりやすいですよね。α55では平たいような写真も立体的に見えます。それから、よく言われている富士フイルムの色の良さというのが、素人的な言い方でもありますが、わかった気もします。

ますます欲しくなってきたなぁ。次回は大阪の街での試写を紹介いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です