【DMMバヌーシー】ニンフⅡの2015の配当シミュレーションしてみた

今までにない一口馬主の形として話題を集めているDMMバヌーシー。

私も2歳のニンフⅡの2015に1口出資してみました。

DMMバヌーシーで早速一口馬主になってみました
 先日、いろいろ文句ばかり言いまくったDMMバヌーシー。あれだけ言っておきながら、早速DMMバヌーシーで一口デビューしてみました。このためにボーナスとっておい...

投資としては考えない一口馬主をコンセプトにしていますが、とはいえ、やはり数万円のお金を使っているので気になるのは配当金。

今回はニンフⅡの2015でシミュレートしてみました。

※勢いで血統から成績を妄想してみました。妄想大好きです。

【DMMバヌーシー】ニンフⅡの2015の成績を血統から予想してみる
1万円から馬主になれると(一部で)話題のDMMバヌーシー。私の一番最初の愛馬はニンフⅡの2015となりました。まだデビュー前ですので、夢見るのも自由です。DMMバヌーシ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

費用

DMMバヌーシーは非常にわかりやすい。入会費や月会費、預託金等という概念がありません。そのため、費用は出資する際にかかる費用のみ。

ニンフⅡの2015

  • 総額:207,354,000円(2億735万4千円)
  • 総口数:9,874口
  • 1口:21,000円

引退するまで21,000円しかかからないのです。

なお、この「総額」には以下の費用が含まれています。

  • 育成費
  • 厩舎預託料
  • 治療費
  • 登録料・輸送費その他
  • 情報料
  • システム利用料
  • ファンド運用管理費
  • 保険料

「情報料」「システム利用料」というのが特殊ですね。アプリの運営費や動画の配信費用等が含まれるようです。これらの費用を6歳12月(牝馬は6歳3月)まで現役で走った場合を想定した金額が総額に見込まれているとのこと。

もし6歳12月以降も現役続行した場合は配当金から引かれることもあるようです。もちろんそれ以前に引退したら払い戻しもでてくるようですね。

配当金シミュレーション

それではいくつかのケースで配当金をシミュレートしてみようと思います。なお、以下の計算はモデル馬の総賞金(netkeibaのものを丸めています)をニンフⅡの2015の出資金に当てはめた場合のシミュレーションです。奨励金等もありますので、実際の想定とは異なる可能性があります。(ついでに言うと、税金も引かれるので、実際に振り込まれるのはさらに安くなりますけどね)

以下の計算でシミュレーションしています。

(総賞金×0.77)÷総口数=1口あたりの配当金

オルフェーヴル級になった場合

サンデーレーシング所属のオルフェーヴルは牡馬クラシック3冠や凱旋門賞2着等の圧倒的な成績を収めました。

  • 父:ステイゴールド
  • 母:オリエンタルアート
  • 生涯戦績:21戦12勝
  • 主な勝鞍:牡馬クラシック3冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)、有馬記念、宝塚記念

配当金シミュレーション

総獲得賞金:13億4400万円

13億4400万×0.77÷9874=10万4408円

ドゥラメンテ級になった場合

母アドマイヤグルーヴ、父キングカメハメハというバヌーシーのコンセプトに合致しそうな良血馬。2冠馬になるという良血に違わぬ活躍です。

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:アドマイヤグルーヴ
  • 生涯戦績:9戦5勝
  • 主な勝鞍:皐月賞、日本ダービー

配当金シミュレーション

総獲得賞金:5億1600万円

5億1600万×0.77÷9874=4万239円

リオンディーズ級になった場合

昨年のクラシックを騒がせた当馬。兄エピファネイアということもあり、バヌーシー的な馬ですね。2歳G1を勝ってはいますが、クラシックでは活躍できず引退してしまいました。

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シーザリオ
  • 生涯戦績:5戦2勝
  • 主な勝鞍:朝日杯フューチュリティステークス

配当金シミュレーション

総獲得賞金:1億3000万円

1億3000万×0.77÷9874=1万137円

ローゼンケーニッヒ級になった場合

バヌーシー的な馬かつ良血にありそうな戦績ということで、ジャパンC、朝日杯を勝利したローズキングダムを兄に持つ。本馬は1000万下勝利までの条件馬。

  • 父:シンボリクリスエス
  • 母:ローズバド
  • 生涯戦績:35戦4勝
  • 主な勝鞍:重賞勝利なし

配当金シミュレーション

総獲得賞金:6500万円

6500万×0.77÷9874=5068円

100%回収するためには

では回収率100%となる総獲得賞金のラインはどこになるでしょうか。

ずばり2億7000万円です!

2億7000万円でようやく配当金が2万1000円を超えます。(ただし、税金ひかれますので厳密にはマイナスになりますが)

これを実際にいた馬で見てみると、ダービー馬のディープブリランテや牝馬2冠のシーザリオ、重賞戦線で健闘していたシックスセンスが当てはまります。

まとめ

回収しようと思うとかなり厳しいですね。実際には税金もひかれるので本当に手元に戻ってくるお金で元本を越えようと思うと、さらに稼いでもらわなければいけなくなると思います。

オルフェーヴル級の、一口馬主としてはありえないレベルで活躍したとしても配当金は10万円ちょっとです。

やはり1万口のDMMバヌーシーは投資というよりも夢、ロマン等の「POGの延長線上」レベルで楽しむのが良さそうですね。そうやって考えると、ちょっと高いよなーって思う。

お金を気にするなら出資しては駄目だと思います。ローリスク・ローリターンで楽しむための一口馬主です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. キノコマン より:

    勝ち馬が
    「あれ、俺の馬何だぜ!」
    自慢代も入るし会話がしやすくなるかも。

    • れともめ より:

      >キノコマンさん
      そうですね、自慢しまくれますね!
      何万口分の1口であろうと、オーナーに間違いないです。
      話の種にもなりますし、そこから新たに参加する人がでてくるかもです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です