2017年5月の新車販売台数1位はプリウス!

2015年12月に30系から50系へモデルチェンジしたプリウス。

2017年5月の新車販売台数で7ヶ月ぶりの1位になったとのことです。乗用車部門では1位、2位をいったりきたりしていましたが、軽自動車も含めた総合ではなかなか1位になれず、7ヶ月ぶりとなりました。

参考

新車販売総合…プリウス が7か月ぶりのトップ、C-HR は3位 5月車名別Response

2017年5月販売台数トップ10

5月の販売台数トップ10は以下の通り。

  1. プリウス(トヨタ) 1万5092台
  2. N-BOX(ホンダ) 1万3118台
  3. C-HR(トヨタ) 1万2872台
  4. ミラ(ダイハツ) 1万0562台
  5. ムーヴ(ダイハツ) 1万0448台
  6. デイズ(日産) 1万0198台
  7. ノート(日産) 9992台(59.7%増)
  8. タント(ダイハツ) 9868台
  9. ワゴンR(スズキ) 8807台
  10. フリード(ホンダ) 8626台

やはり軽自動車が強いですね。上位10台の中で6台が軽自動車です。

そして、前月総合で1位だったC-HRは乗用車2位、総合3位という結果に。C-HRは最近街中でもよく見かけるようになりましたね。

なぜこのタイミングで1位に返り咲いたか

まず、注意してもらいたいのが、1位プリウスとなっていますが、この中には2017年2月にモデルチェンジしたプリウスPHVも含まれております。なので、純粋にノーマルプリウスのみの順位ではないのですね。

と、考えると、プリウスPHVが2月発売開始で、そのタイミングで予約した人たちの納車が大体4月~5月くらいになると思うのでその影響が強いかと思います。

今後の見込み

上述したように5月の1位はプリウスPHVの売上によるものが多いかと思います。

プリウスPHVのように万人に受けづらい車は最初の出足はいいですが、そのあとの台数は伸びないんですよね。となると、また1位からは落ちそうですね。

しかし、2017年は初代プリウス販売開始から20年。おそらくアニバーサリーモデルみたいな特別仕様車を設定しくるはずです。そうなると、ここでまたノーマルプリウスの販売が伸びそうな気がします。

今後もまだまだプリウスは売れそうですね。個人的にはあまり売れてほしくないけど。(この前黒プリウスが3台連続で止まってました(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です