スガキヤ コク旨ラーメンを食す

2016-10-09-13-21-35-1

愛知県のラーメンと言えばスガキヤです!

誰がなんと言おうとやはりこれは譲れないわけでして、むしろスガキヤはラーメンというジャンルではないスガキヤというジャンルじゃないかと思うわけです。

そんなスガキヤですが、大体のスーパーのフードコートにあるのでいつでも食べることができます。大体は全のせの特製ラーメンを注文します。あの9割生の卵や薄っぺらいチャーシューがたまりませんよね。そして、あの独特なとんこつ味のスープ。THEスガキヤです。

そんなスガキヤですが、最近70週年の復刻メニューをやっていまして、今回は2009年9月に発売された「コク旨ラーメン」が復刻していたので食べてきました。

コク旨ラーメン

名前からはどんなラーメンかは全く想像できません。公式HPの紹介でいくと

焦しニンニク油の香ばしさと濃厚豚骨スープの旨味がやみつきになるラーメン

とのことです。響きはとてもおいしそうですよね。値段も通常のラーメンプラス70円の390円。いつも頼んでる特製ラーメンより60円安いです。

果たしてお味はいかがでしょう。

実食

早速注文してみました。

待つこと5分。さすがですね、手元のお知らせベルがピーピーなりました。

どん!コク旨ラーメン。

2016-10-09-13-21-35-1

いつもの白いスープではなく黒い焦しニンニク油が表面を覆っています。そしてもやし。このもやしが最近のラーメンブームのラーメンっぽい雰囲気をだしていますね。

まずはスープから飲んでみましょう。すくってみるといつもの白いスープと黒い油が混ざり合っています。味としては焦しニンニク油の風味がはじめにきますが、その後はいつものスガキヤの味が広がります。

では麺を食べてみましょうか。まぁ、ここはいつものやつですね。いつものスガキヤです。ニンニク油ととんこつの味が混ざり麺もいい味になります。

公式HPにあった「やみつきになるラーメン」というのもなんとなくわかる気がします。スガキヤでは珍しくスープだけ結構飲んでいました。体に悪そうだが。

スガキヤスープと焦しニンニク油の絡み方がたまりませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です