セブンイレブン なめらか餡の黒豆大福が進化

以前、セブンイレブンの和菓子がうまいと「杵つき仕立て なめらか餡の黒豆大福」をご紹介しましたが、それがさらなる進化を遂げていたのでご紹介します。

最近パッケージが変わってるような気がすると思っていましたが、ようやくその謎が解けました。

何が進化したのか

以前は全面透明パッケージだったのです。

しかし、今は裏側が赤い色をしています。パッケージ変更には気づいていたのですが、それが何なのかわからないでいました。というより、そこまで気にしていなかったというのが実際ですが。

2016-06-19 10.15.53

しかし、今日気づきました。

透明パッケージのころについていた餅の裏紙がなくなっていたのです!思い起こせば、裏紙が餅に食い込んで食べづらいなぁと感じていたのです。若干、餅が裏紙にベトっとひっつきますし。

しかし、今のパッケージでは裏紙がはいっていません。その代りに、内側の赤いところが、おそらく加工してあって、餅がひっつきにくい構造になっているのだと思われます。

2016-06-11 11.05.14

以前は、パッケージと裏紙を避けるように食べなければいけなかったものが、パッケージからだせばそのままパクつける仕様になったわけですね。少し食べやすくなりました。

この短期間で仕様を変えてくるセブンイレブン。侮れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です