スシローの鯛だし塩ラーメンを食す

2016-01-17 12.16.07-min初めに言いますが、私は断然くら寿司派です。
別にびっくらポンが好きとかではないですが、サイドメニューが結構好きなんです。

そんなわけで、最近はくら寿司ばかりに行っていたのですが、ふと趣向を変えてスシローに行ってみました。100円寿司の走りと言えばスシローですよね。お寿司自体の味は、正直くら寿司もスシローも差がなくおいしいと思います。

しかし、100円寿司にファミレス的感覚を求めている私としてはやはりサイドメニューが気になる。というわけで、今回は「鯛だし塩ラーメン」に挑戦してみました。

スシローのラーメン

現在のラインナップとしては、鶏そぼろ入り味噌ラーメン、出汁入り鶏がら醤油ラーメンが通常ラインナップであります。

どちらも2年位前に食べたことあるのですが、スープはいけるのですが、どうしても麺がダメでした。とにかくブツブツ千切れるし、ぼそぼそした歯触りでとてもおいしくは食べれなかった。

そのため、スシローのラーメン=まずいという印象ができていました。

麺の出来でくら寿司のラーメンが圧勝でしたね。

鯛だし塩ラーメン

昨年12月から販売しているこの鯛だし塩ラーメン。上記のようにスシローのラーメン=まずいという印象だったので注文するか迷いましたが、改めてチャレンジしてみました。

注文して5分ほどで到着。同時に注文したあじの方が遅く来るという(笑)届いたどんぶりのふたにはなぜかわさびが・・・?

とりあえず、まずはふたを開ける。まず飛び込んでくるのは鶏ガラの香り。スープに関しては前から及第点だったため、問題なし。そして、そこに徐々に鯛と塩の香りが絡んでくる。

まずはスープを一口。うん、鶏ガラ、鯛、塩のマッチングはなかなか良い。

そして、以前より問題視していた麺。すすってみると依然感じた千切れる感とぼそぼそは改善されていた。しかし、あくまでも改善レベル。くら寿司と比べるとやはりくら寿司の方がおいしいと思う。

全体のバランスは良いのでするすると食べれる。と、そこでふたの上にわさびが置いてあったことを思い出す。もしやラーメンにいれるのでは・・・と思い、いれてみた。

これ、正解です。むしろ最初からいれたいくらい。あっさりとした鶏ガラ、塩の風味にわさびのちょっとした辛みがはいって良い刺激となります。鼻につーんとくる感じがたまらない。いや、もしかしたら単純に私がわさび好きなだけかも。

まとめ

まずはそのまま食してください。半分くらい食べたらわさび入れましょう。お茶漬けにわさびを強めにいれるのが好きな人は一気に全部いれちゃいましょう。むしろ、最初からいれましょう。

麺への残念感はまだ残りますが、おいしくは食べれました。むしろこのスープでお茶漬けしたいくらい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です